スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『奇跡の海』 見た 

先週会った高校時代の友人のススメで、 『奇跡の海』 を借りてビデオ鑑賞。
ちなみに、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』を作ったラース・フォン・トリアー監督の作品。

正直、最初の30分で、苦痛を感じた。(;´Д`)
159分という長さの映画に、とてもじゃないけれど耐えられないな、と思ったが、途中で放棄するのは映画に対して失礼なので、最後まで見る努力は、なんとかまっとうした。

いやいや、申し訳ないが、私はこの映画、ダメだわ。
はっきり言える。
ここまで「ダメだ」と言える映画って、今まで出会ったことがあっただろうか?
それくらい、ダメ。

いや、合わない のだ。

パクチーが大好きな人と、苦手な人と見事に意見が別れるようなのと同じ感じ。

主人公の考え方が純粋ゆえ、究極すぎて、共感できない。
常に灰色の景色が、なお一層、内容の暗さを強調させている。
スコットランドのスカイ島とデンマークがロケ地だそうだが、あまり行きたい、とは思わなかったのも、私にしては珍しい。

でも、どこかで聴いたことのある70年代の音楽だけが、少しだけ響いたけれどね。

『奇跡の海』観て、良かったですよ~!っていう人がいたら、是非、話を聞いてみたいな。
いや、あの映画を好きだ、という視点が、とても興味深いからです。

奇跡の海


余談だけど。。。
ドド役の女優が、ハリセンボンの 箕輪 はるかに似てるなと、しょうもないことを考えながら鑑賞するところなんかが、すでにダメだよね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kotobukiminikoto.blog23.fc2.com/tb.php/854-17a4f783

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 ことぶき色の味 ~ことぶき&ミニことのHP~ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。