スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母との時間 

昨日、父と姉のエスコートによって、母が東京へ帰ってきた。
先のことなんて誰にも分からないが、しばらくこっちで治療をして過ごし、暖かくなったら、再び鹿児島へ戻るという予定だ。

この日、夏日(26度近く)だった東京。
「暖かい陽だまり」というより、汗ばむくらいの部屋の中で、母とお茶し、お昼ご飯を作ってあげ、久しぶりに「母娘だけ」4時間ほど過ごした。


そのあいだに、ことぶきが以前使っていた、足湯ができる『フットマッサージャー』をデモンストレーションしたら、すっかり気に入ってしまったようだ。(^-^)
しょうがない・・・┐(´ー`)┌ フッ
プレゼントするよ。(--;

先日鹿児島へ行ったときは、退院したばっかりで、今よりももっと余裕がなかったような気がする。
けれど、少し日をおいてまた会うと、病気になる前の昔の感覚が戻ってくる。
母娘って、そんなものなのかな。

「死とは何かを考えるようになった」

と、会話の中で、さりげなく母の口から「」という単語が出てくる。

そんな母に
不老ふ死なんて、いないんだから。みんないつか、必ず死ぬんだから」
と、少し大袈裟に、投げやりな言い方をしてみる。

「自分はもう、先は長くないから・・・」

これには、私はどう答えていいのかな。

遺言」ともとれる話もしてくれた。

それでも、癌におかされていながらも、普通に働いているひとが、世の中にはたくさんいる、ということも知っている。
きっと、その人たちから、たくさんの勇気をもらっているんだと思う。
母は、現実を受け容れながら、前向きに、そして、昔っから変わっていない

「自分に都合のいいことだけを信じる性格」

を、こんな場面で役立てているようだ(笑)。

これからまた、治療などで入院してしまうと分からないけれど、今現在は、普通に生活をし、元気にしている。
自宅療法だと思って、ムリせず、できるだけ、のんびりしてもらわないと。
本人は、「自堕落な生活」と情けなく思っているみたいだけど・・・。(^^;

文章だけじゃ伝わらないかもしれないけれど、決して「寝たきり」ではなく、ごはんも普通に何でも食べている。
なので、心配しないでくださいね(^^)
スポンサーサイト

コメント

時間

母親の存在って大きいよね。
母親にとっても、子供の存在って大きいよね。
お母さんには、娘、孫のそばで、ゆっくり過ごしてほしいね。

いい時間を~

私は特になのかも知れないけれど 母親の存在は大きいよ~
ある意味 親離れ全然してない感じかな?
私は全然 親孝行が出来てないので 元気なうちに~と色々
考え中です。
ことぶきも お母さん お父さんと いい時間をすごしてね♪

ふたりとも どうもありがとう。(^-^)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kotobukiminikoto.blog23.fc2.com/tb.php/785-38db708f

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 ことぶき色の味 ~ことぶき&ミニことのHP~ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。