スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なつやすみ☆かごしま(9日目) ナイアガラ 

相変わらず、温泉で始まる朝。
朝食後、病院へお見舞い。
姉の提案で、これから長引くであろう、母の闘病生活のことを考え、娘3人が看れるように、母に東京の病院へ転院することを勧めたが、かたくなに拒否された。
あとちょっと治療を我慢していれば退院できる、と信じている母にとってみれば、なんで、わざわざ東京まで行かなきゃならないの?というところだろう。
じわじわと説得していくしかない・・・

お昼は、いとこたちと6人で、近所の山をドライブがてら、ランチ。

世界一、大きな水車。竜がカッコイイ!
suisha.jpg

これをキッカケに、車内は「ドラゴンボール」の主題歌をみんなで熱唱(笑)。
つかもうぜ!ドラゴンボール♪
suisha1.jpg


八重山公園から見る桜島(イチバン奥)
yaeyama.jpg

この日は、杏里の「Cat’s Eye」をフリつきで熱唱。
20~30代の従妹が、「なんでそんな(古い)歌を知ってるの?」とウケてました。(^^;
そりゃ・・・あたしのこどもだもん・・・(--;
yaeyama1.jpg

「いむた池」 花火大会前の静けさ。
imuta.jpg

夏の空。夏の雲。
sora.jpg

空にあがった花火そのものよりも、水面にぼんやり映った花火に、美しさを感じる方だったりする。
komen.jpg

コレが、目玉の「ナイアガラの滝」。
naiagra.jpg

池をまたぐロープ(?)の端っこから、だんだんと火がつき燃えていく様は、豪快で、しかも美しい。
滝のように流れ落ちる火花は、「はかなさ」など感じさせないほどの強さをもっていた。
naiagara1.jpg


本当に素晴らしい花火を見させてもらった、という感じ。
憧れの花火職人に敬礼したい気持ちで、いむた池を去った。

そして、これで、鹿児島で過ごした2007年の夏休みは終わった。
たくさんの楽しかった想い出と、これから近づいてくる厳しい現実と向き合うことを胸に抱え、翌日、東京へ戻った。


2007.9.6更新
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kotobukiminikoto.blog23.fc2.com/tb.php/735-8fc5a03c

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 ことぶき色の味 ~ことぶき&ミニことのHP~ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。