スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『8mm』 『再会の街で』 

早起きして1本、幼稚園へのお見送りが終わってから1本、合計2本映画を見た。

『8mm』 (1998年)
8mm

うーむ・・・
こどもには絶対に見せたくない映画だな。
遺品から、ある1本のフィルムが見つけられた。
それは、「スナッフ・フィルム」といって、殺人を映したもの。
実際、ヤラセもあるらしい。
本物かどうかを確かめるために、私立探偵のニコラスが動くんだけれど、娘を持つ親の気持ちがよく描かれていた、という部分以外は、どんよりとした嫌な気分になる映画だった。

『再会の街で』 (2007年)
再会の街で

2001・9・11の同時多発テロの遺族と、その友だちの話。
愛するものをある日突然、一瞬のうちに失くしてしまう者の悲しみや怒りは はかりしれない。
アダム・サンドラーが「廃人」に見えてしまうほど、演技がうまい。
すごいよ。

昔、そのアダム・サンドラーと1mもない至近距離で見たことがあったことを終始思い出しながら、映画鑑賞(笑)。
スーさんなんて、たまたまアダムとぶつかって一言二言、会話してたし!(><)

アダムが乗っていたスクーター、NYでは実際流行っているんだろうか?
危なっかしいけれど、近所をぶらり散歩するには、重宝しそうなシロモノだな。
あと、友だち役のドン・チードルが、どこかで見たことあるな、と思っていたら、
これまたニコラス・ケイジの『ファミリーマン』に出ていたエンジェル役の俳優だったことを思い出した。
この映画では、脇役と言うほど「脇」ではないけれど、しっかり自分のキャラを生かしていて、素晴らしかった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kotobukiminikoto.blog23.fc2.com/tb.php/1177-753d646d

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 ことぶき色の味 ~ことぶき&ミニことのHP~ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。