スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渋谷・原宿 おのぼりさん 

ミニことの学校がお休みだった。
長引く咳を心配し、とりあえず、朝イチで小児科へ連れて行った。
引っ越してから、こちらの医者へ行くのは初めてのことだったので、ミニことは緊張していた。
インフルエンザはもとより、特に問題がなかったことを確認し、お昼ごろ渋谷へ。

大好きなクアアイナのアボカドバーガー(写真なくてスマン)で、腹ごしらえをしてから児童館へ。

手作りフォトカレンダーを工作したり、こんな衣装を着てみたり。
2009年10月24日0112
2009年10月24日0116

そのあと、なんとなく明治通りを歩き、なんとなく入ったH&Mで、不覚にもジャケットを購入。
あれほど、洋服は買うつもりなんてなかったのにな・・・(><)
ま、いっか。(^^;

そして、竹下通りを歩いて、クレープ屋に。
2009年10月24日0131
原宿でクレープなんて、太古の昔に食べた以来だ・・・
そして歳月はめぐり、今、娘と原宿デート(* ̄ー ̄)ニヤリッ

どうよ?ラッピングがハロウィーン仕様。
2009年10月24日0133
んんん!
2009年10月24日0134
バナナチョコクレープ 380円也
2009年10月24日0130

そんなこんなで 帰宅。
よく歩いた。


で・・・実は、今朝、包丁で左小指を 切り落としたみたいで。。。
たぶん1ミリくらいだと思うけれど、しょうがの千切りと共に。。。
夜になって、指の形が丸みをおびてなく、欠けている部分から白いものが見えてクラクラしてきた。

グロイ。

ミニこと共々、引っ越してきてから、こちらの病院にいくのは初めてなんだけれど、結局、整形外科へ。
夜9時までやっているところを調べてくれた友人に感謝。(^^)

白いものは、結局、骨ではなくて、表層だった。
元にもどりますよ、と、どこかオネエ系の先生に励まされた。
飲み薬と、つけ薬をもらい、帰ってきた。

はあ。
なんか、1日平気だったのに、医者へ行った途端に痛くなってきたような。。。
でも、軽くてすんだので良かったっす。



ことぶきのダシが効いたスープを飲みたい奇特な方、希望者がいたらどうぞ!(* ̄m ̄)

スポンサーサイト

おやつ事件 その4 

この「おやつ事件シリーズ」も佳境を迎えたようだ。

ミニことをお迎えに行くと、すごく嬉しそうに

「ママ、今日ね、Gちゃんからお菓子をもらったの。
それも他の人にはナイショで私だけに!(* ̄m ̄)」

と、いたずらっぽい目で話してくれた。
みると、プ○ッツ1袋もいただいたとのこと。(1箱に2袋入ってたそうな)
ミニことは、バス停でバスが来るのを待ちながら、それを開けて、そばにいたお友達や私にも
「はい、どうぞ」と配ってくれた。

一時、「Gちゃんなんて、もう大嫌い」とか言ってたあのこが、日々、色々と学んでいるんだな、と思った。
そしてもちろん、Gちゃんも色々と思うことがあって、ミニことに優しくしてくれたんだな、と。

この年齢なりの世界のなかで、絆を深めて、たくさんステキなお友達を作ってね。

おやつ事件 その3 

今日は、クラスメイトのGちゃんが、おやつを持ってきてなかったそうだ。
お母さんが入れ忘れたのか、わざと入れなかったのかは分からないけれど、休憩時間にGちゃんが一人ポツンと皆と離れたところに居るのを、ミニことは気がついたらしい。

そしてなんと・・・

自分のおやつ(またもや カントリーマ○ム)を1つ、ミニことがGちゃんにあげたそうだ。
Gちゃんは喜んだらしい。


ええ話や・・・(><)
(「おやつ事件その1、2と合わせてお読みください♪)

おやつ事件 その2 

昨日のお菓子事件をきっかけに、

『脱☆ノーと言えない日本人作戦!』 を決行。

なんじゃそりゃ?って感じだけれど、要は、わざと同じものを持たせて、ミニことがどういう行動をとれるか、やらせてみることにした。(* ̄ー ̄)ニヤリッ

一応、ミニことにも、

「本日も、カントリーマ○ムは1枚でございます。自分が食べたいと思ったら、誰かにちょうだいと言われても、NO!と言えるようにがんばってください」

と、ポンポンと肩をたたいて送り出した。

はたして結果は???


お迎えのバスの中で、聞いてみると、やはりGちゃんに「ちょうだい」を言われたけれど、今日はNO!と言って自分が食べたよ、と嬉しそうに話してくれた。(^-^)

よしよし。
やればできるじゃん。(* ̄m ̄)

そして、この話には、まだ続きがある。

つ・づ・く (σ ̄ω ̄)σ


おやつ事件 その1 

ミニことの学校では、おやつを持っていってもよい。
フルーツ、クラッカー、クッキーなどのちょっとしたスナックを、9:40~10:00の休憩時間に食べるらしい。
持ち寄ったお菓子を、子供同士で交換もしているみたいで、これも毎日の楽しみなのかもしれない。

今日、ミニことに、ブル○ンの 「ホワイトロ○ータ」3本 と、不○家の 「カントリー○アム」1枚 (個別包装されたもの)を持たせた。
行きのバスの中で、カントリーを発見した彼女は、エキサイティング!
バニラ味が大好きなのだ。

「♪カントリ~マ~ム」

と、「カントリーホーム」の替え歌で、上機嫌。(;´Д`)
でも、ここはバスの中。

「バスの中で歌を歌わないでね」(σ ̄ω ̄)σ

と注意しても、しばらくは止めなった彼女。

私のイライラのヴォルテージがあがってくる。(--#
でも、話題を変えることで、歌うのをやめた。
┐(´ー`)┌ フッ・・・6歳児なんて、こんなものよ。

そしてお迎え時のバスの中でのこと。
仲の良いクラスメイトのGちゃんのことを

「もうGちゃんとは おともだちになれない・・・」
と、なにやら怒った口調でしゃべりだした。
「どうしたの?」と聞くと、
1個しかないほうのお菓子、つまり楽しみにしていたカントリーの方を無理やりGちゃんに食べられたらしい。
おそらく、ちょうだい、ちょうだいを強く言われて、押し切られたんだろう。
ブルボンの方(3本ある)ならいいよ、と彼女なりに穏便に返したらしいが・・・
だめだったらしい。(^^;

ブルボンにも、カントリーと互角の人気をもたせてあげたい、とそのとき、ことぶきはひそかに思った。
ちなみに、ホワイトロ○ータといえば、小学生のころの定番のおやつだったけれどねぇ。(余談)

で、問題はミニこと。
『ノーと言えない日本人』
の血が、アナタにも入っているもんなぁ。

とはいえ、そこはキッパリ断るところでしょう。
こうやって、あとからグジュグジュ後悔するくらいならね(* ̄ー ̄)。

うーむ・・・
でも、なんだかこのようなやりとりって、これから生きていくうえで、何十万回と経験するから、ちゃんと言っておかないと。

とりあえず、 「NO!」と思うことは「NO!」と口に出して言える子 になってもらわないとね。
そこんところだけ、教えた。
あ、あと 「食べ物のうらみはおそろしい」 という言葉も教えた。ふっふっふ(* ̄ー ̄)

でも、えらかったぞ。(^^)
優しかったぞ。(^^)

さて、この話には続きがあります。

つ・づ・く

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 ことぶき色の味 ~ことぶき&ミニことのHP~ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。