スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月は逃(に)げる月 

小学校時代の校長先生が、毎年2月の最初の朝礼で、必ずこんなことを言ったものだった。


2月は逃げる月ですよ。あっという間に終わります。


その度に、「あ、また去年と同じことを言ってる」と思って、話も半分くらいしか聞いてなかったのに、この歳になっても、2月になると必ず、思い出す言葉となってしまった。(^^;

本当にあっという間だった。
こないだお正月だと思ってたのに、明日から3月かぁ。
毎年、こんなことをこの時期に思うのである。(苦笑)
そして、ここから一気に加速がついて、桜の季節が来たかと思うと、今度はすぐに花火の季節になるのだ(笑)。
花火の季節の余韻を待たぬ間に、紅葉の便りが届き、すぐに師走。
あ~、忙しい忙しい、なんてなことを言ってる間にクリスマスに大晦日、お正月を迎えるのである。

一年って、なんて早いんだろう。昔の一年間は今の二年分はあったような・・・(^^;

以前は、こんなに早く歳月の流れを意識したことがなかったのにねぇ。
やっぱり、それだけ歳をとった証拠だな、と思われ(笑)。

てなわけで、2月も今日で終わりってことは、今年ももう終わりってことで気を引き締めていこうっと!(なんのこっちゃ)
スポンサーサイト

風邪!? 

寒い日だった。

出かける際に、個別包装された一口チョコレートを2つだけミニことに渡し、車の中で食べるように言うと、彼女は大事に手で握っていた。
駐車場までの道すがら、風が強く吹いていた。

「寒いねぇ」

「うん、さむいねぇ。チョコレートさんも「さむい、さむい」言ってるぅ。かぜひいちゃうよぉ」

「じゃあ、ポケットに入れたら?風邪ひかないんじゃない?」

「うん、そうする」(と言ったので、ポケットにチョコをいれてあげた)

「もう、これで風邪ひかないね^^」

「うん、もうこれでだいじょうぶ(^O^)」

なんとまぁ、こんな発想をするのって、子供のうちだけなんだろうなぁ、と癒された気持ちになった。(笑)

日の目を見た雛人形たち@大安 

R子が、来月の引越しを機に、今まで捨てるに捨てられなかった雛人形を、やっぱり捨てると言うので、先日私がいただきに行った。(*2月8日ブログ参照)

本日、大安吉日ということで、お雛様をダンボール箱から出すことに。本当は先週の大安に飾る予定だったのだが、ちょいと忙しかったので今日になってしまったが、ミニことがいたずらすることを考えたら、期間は短くてもいっか、という、「ひょうたんから駒」という結果になった。

なにはともあれ、御覧下され。

ohinasama.jpg




三十ウン年前に買ったものとは思えないほど、どの人形もコンディションが良く、かわいらしいお顔をしている。
虫にも食われていないし。
そして、このケースのセールスポイントは、イチバン下部分にある牛車だ。(見えるかな?)
この牛車のヒモをツツ~~~と左から右へ引っ張ると、あ~らステキ!
なんと、「うれしいひなまつり」のオルゴールが流れる仕組みに!
なんとも、小粋な計らいではないか!
さらに、右上部分の人形の背後は、あかりがつくような仕掛けがあり、ぼんやりとした障子風が、「わび さび」の世界を創りだしている。
これぞ、アンティークな雛人形である。^^
さぞかし、高かっただろうな・・・(^^;

ああ、なんてシアワセなの~~~
私もミニことも、心から喜びながら、母娘でお人形さんを飾ったわけである。

R子&R子ファミリーに感謝、感激、雨、あられ。(^O^)

・・・にしても・・・
こんな素晴らしいお人形を、30年近く出さなかったR子&R子ファミリーって一体・・・(--;

もしかして・・・
「しまうのが面倒くさい」から?
「出すのも面倒くさい」から?

・・・

私も、そうなっちゃうのかしらねぇ・・・(^^;
んなぁこたぁないっ!
大丈夫!(σ ̄ω ̄)σ
大事にするぞ~~~い!

お笑い芸人 

ナニゲニ、お笑い番組や、バラエティ番組を見ているのだが、ミニことにも、お気に入りな芸人と、そうでない芸人がいる。

「レイザーラモンHG」なんて、マネをするほど好きだし、「オリエンタルラジオ」にもオオウケ。やっぱり、子供にウケル芸人は、勢いのある一発ギャグや、独特なノリが命ねぇ。(σ ̄ω ̄)σ

しかし、苦手なのもいる。
「魔邪」というモヒカンプロレスラー風の芸人に関しては、テレビに出てくると部屋から逃げてしまう。
私もイジワルをして、わざと見せると大泣きしてしまう始末。(^^;
どうやら顔が怖いらしい。(--;
あと、「小梅太夫」という女形風芸人も苦手で、テレビの前から逃げてしまう。

考えてみれば、私も子供のころ、顔に白いパックをした化粧品のCMを見て、大泣きした記憶がある。(笑)
それに通じるものがあるんだろうな・・・┐(´ー`)┌ フッ

マイペースでゴールド! 

女子フィギュアスケートの荒川静香選手が金メダルをとり、朝から日本中が湧いた。
素直に嬉しく、祝福すべきことだと思う。

惜しくも4位で、メダルをとれなかったスピードスケートの岡崎選手の

「4位と3位じゃ違います。4位じゃダメですね、やっぱり・・・」

という言葉に、メダル獲得への強い意思が伝わる。
確かに、あれだけ期待がかけられれば、プレッシャーも相当なものだったに違いない。

荒川選手の場合、メダルのことに、全く気をとられなかったのが、功を奏したのかもしれない。
アメリカもロシアの選手も、金メダルにこだわりすぎていたのだ。
世間が「安藤美姫、安藤美姫」と騒いでいるなか、彼女は一人マイペースで、自分のベストを尽くした。
もしかしたら、メダルが取れるかも!?くらいの気持ちで、フリースタイルに臨んだら、思うように滑れた、という結果につながったのだと思う。
もちろん、彼女がインタビューで答えていたように、やろうとしていた3回転を瞬時の判断で2回転に変更したことも、素晴らしい結果に導いた一つの要因だ。
本番に強くなくては、そうそう世界一になれるものではない。

大きなことにチャレンジして失敗するかもしれないリスクをとるよりも、確実なほうを選んだ、ということだ。
これも、ケースバイケースで見習いたい。

「競技」という世界でありながら、周りのプレッシャーにも負けず、マイペースで美しい演技を見せた荒川選手はすごい!
マイペースって、やっぱり大切なことなんだな、ということを学んだ。

Going my way!

節約システム導入 

朝の8時から家に業者さんがきて、工事が始まった。
キッチン、ダイニング、バスルーム&シャワールームに、光センサーをつけ、無駄な電気を節約する、というシステムの導入と、便器を新しいものに交換した。

本当に電気の節約になるのかな・・・
センサーによって、電気が点いたり消えたりするほうが、かえって電気をくうと思うけれど・・・
まあ、新しいシステムだし、見直されているはずだろう。(^^;

ちなみに、新しい便器は、お水の流れがゆるやか♪
なるほど。これなら、おそらく水の節約になっているかも。
今までとは違って「大」「小」のレバーがある。
無駄の多い世の中だからこそ、気をつけて生活せねば。

節約といえば、『1ヶ月1万円生活』で、お笑いの「ほっしゃん。」と元カリスマホストの「城咲仁」がチャレンジするのね~。(* ̄m ̄)
面白い対決になりそうね。
あの番組を見ていると、色々と勉強になるし、飽食の時代に生きているということに身をつまされる。
限られた予算の中で、なるべく安く、いかに工夫をして素晴らしいものを作り上げるかを対決するんだけれど、毎回、目を見張るものがある。
感心、感動、感激。

それと、この二人、「料理人」として経験があるということにも驚き。
やっぱり、男の人でも料理ができるのは芸のうちだと思う。
私にも、美味しい料理を作って欲しいな~♪(笑)

女子フィギュアスケート 

朝から、ついつい見入ってしまった・・・(^^;
スケートであれだけ滑れたら、気持ちいいだろうなぁと、つくづく思う。
特に、アメリカのS・コーエンのパフォーマンスはダントツだった。
完璧と言っても間違いない。
本当に素晴らしかった。(*^O^*)

日本勢も、大健闘だ。
今のところ、トリノオリンピックでメダルを取ってないけれど、ようやく手が届きそうな期待がかかる。

センス? 

ちょっと気取って、「デューク更家」のウォーキングを真似して歩いていたら(家の中です、モチロン)、ミニことに

「ママ、カッコイイ!( ^∀^)」

と褒められた。

「へぇ~、アンタにとっちゃ、こんな歩き方がカッコイイわけ?!Σ(;゚Д゚) 結構、ビミョーよ?!(;´Д`)」

と、少々彼女のセンスを疑ったけど、まあ、褒められたんだし、いっか、と考え直した。

それと、私がヘアクリップで髪の毛を束ねてアップにしていると、嫌がって取ってしまう。
ヘアバンドで前髪をあげてたりすると、頼むから取ってくれ、と懇願する。

「どうして?(ヘアバンドやヘアクリップは)嫌いなの?」と聞くと、

「だって、可愛くないんだもん・・・」と言うではありませんか!(@@)

悪かったわねっ!(--;

2歳児とは言えども、もう「カッコイイ」とか「カワイイ」などのセンスが備わっているんだよね。
あなどれんぞ。

なるべく、娘に褒められるようなママでいないと。^^
とりあえず、更家風に歩きながら、髪の毛はおろしておけばOKっと!(* ̄ー ̄)

日帰り温泉でリハビリ?! 

ん~む。
やっぱり、気のせいではなく、確実に 左ひざが痛いぞ。(;´Д`)
湿布貼って、サポーター巻いているけれど、まだ全身筋肉痛だし、こういう雨の日は、温泉に限るかな。(* ̄ー ̄)

というわけで、ミニことを連れて、遊園地に隣接する温泉施設へ。
やっぱり、温泉はいいねぇ。(^O^)
本当なら、スノボをやったあとに、長野の温泉に入りたかったけれど・・・(^^;

打たせ湯で背中や腰、肩などを刺激し、膝のストレッチをし、それなりに、自己リハビリをした。
これで、なんとか治らないかな~♪



おとなしく・・・ 

今日は一日中、家にいました。

全身筋肉痛 だし、左ひざが痛い。

もしや捻挫したっぽい?(;´Д`)

明日、医者へ行った方がいいかな・・・

祝★初スノボ 

今・・・

長編大作を綴ったところで、ちょいと席を離れた間に何かが起きて、全部消えてしまった・・・(;_;)

かなりショックです・・・ _| ̄|○

今までの時間を返して~~~!ってなくらい、長い時間かけて書いたのに・・・
なんてこったい、オリーブ。

気を取り直して、要点だけまとめます。






スノーボード、滑れるようになりました。

ブランクを越えて 

自慢でもなんでもないが、ことぶきのスキー歴は、23~26歳の3年間だけだ。
かなりのブランクがある。
一応、大きな怪我もしたことがなく、そこそこ滑れる程度。
ゆっくりと、周りの景色の美しさに見惚れながらも、スピードを楽しんだりして。v(^O^)v

学生時代は、テニスやスキーなんて、あんな チャラチャラしたスポーツ!フンッ! と、特に根拠もないのだが、毛嫌いしていたところがあった。(^^;

スキーにいたっては、 寒い時期に、わざわざ寒いところへ行って、何が楽しい?! という気持ちのほうが強かったしね。(^^;

それと、付き合っている相手が、スキーヤーかそうでないかによっても、スキーへ行く頻度も全然違ってくるわけで。
そう、スキーをやらないスーさんと結婚したので、これだけのブランクがあいてしまった、という現実がある。(;´Д`)
おそらく、この先も、やっこさんは、やらないと思われ。(><)
そのうち、ミニことをスキーデビューさせたい気はするけれどね。^^

さてさて。
最近、毎日目にする、トリノオリンピック情報。
こないだは、スノボクロスという競技を見て、かなり危険そうではあるが、楽しそう♪と思ってしまった。

久しぶりに、スキーへ行きたいな~。
こんな私でも、まだ、滑れるんだろうか・・・

そんな思いをずっと内に募らせていたら、「スキーへ行かない?」と、誘ってくれた奇特なヒトがいた。(笑)
これは、便乗して行くっきゃないわよ~~~!O(≧▽≦)O

てなわけで、明日はミニことをスーさんにお願いして、日帰りで長野まで行ってきます♪(^O^)/~

超アバウト料理講習会(;´Д`) 

今日は、手作り味噌講習会以来(1月21日のブログ参照)、生協の講習会に参加した。
毎度ながら、参加費が低料金でカルチャー教室でやることを味わえるので、都合があえばなるべく参加するようにしている。
ほとんど平日の昼間に行われるので、専業主婦をしている今だけの特権かもしれないし。
ま、広く、浅く、ってヤツだけれど、ことぶきにはそれくらいでちょうどいいみたい(笑)。^^
保育(約2時間150円、軽食付き)もあるから、安心してミニことを預けられるしね。結構、彼女も楽しんでいる様子。(^O^)v

で、今日のメインは 『田舎味』 という、だしを使っての料理教室だった。↓

dashi.jpg


鰹節の厚削り等つぶしてパックしただけのもの、というこの商品を作っている農家のオッチャン(失礼!)が講師として来たんだけれど、んまぁ、このオッチャンがすっごく面白い人で、まさに 味のある人だった!(><)
たった、2時間たらずの講習会のなかで、炊き込みご飯、そば、茶碗蒸し、シチュー、豚肉と野菜の水炊き、ふりかけ、チキントマトスープと、かなりの品数の料理を作ったんだけれど、もうすごかった!

なにがすごいって、あーた。

25人ほどの参加者に対し、調理台が5つあれば、フツウはグループに分かれて、それぞれ担当するものかと思ったら!

「めんどうくさいから・・・」というオッチャンの一言で、1つの調理台にギュウギュウになりながら
「はい、じゃあ簡単に説明するからね。鍋にお水1/3と『田舎味』を入れてね。沸騰したら、豚肉を入れて、アクをとって。そしたら野菜を入れるだけ。ポン酢で食べてね。はい、終わりっ!」





・・・説明に、30秒かからなかった・・・(;´Д`)

茶碗蒸しにおいては、「火は中火 ですか?強火 ですか?」と、ことぶきが質問を投げたところ、

うん、適当でいいから。 煮えていればいいよ^^」

と微笑みを浮かべながら返された。(^^;
しかも、その数分後に、突然大きな声を出して

「あ!茶碗蒸し、茶碗蒸し!火止めて!」




・・・どうやら、 忘れていたらしい・・・(;´Д`)


割りほぐした玉子に『田舎味』で作っただしをあわせ、あり合わせの具を加えて、しかも、そのへんの 紙コップ に流し込んで、「おかん」をするような要領で蒸しただけの茶碗蒸し・・・

みんな口にはしなかったけれど、おそらく満場一致で こんなんで本当に茶碗蒸しができるの?! と、思っていたに違いない茶碗蒸しが出来上がった。(^^;


ひとくち、食べてみた。

Σ(;゚Д゚) おいしい! 
Σ(;゚Д゚) おいしいっ!
 Σ(;゚Д゚) おいし~~~~~っい!

味はモチロン、あの茶碗蒸しの命とも言われる なめらかさ も表現できているではないかっ!


参加者全員が、感嘆をあげていたところ、オッチャン講師が(* ̄ー ̄)ニヤリッと笑って言った。

「みんなねぇ、余計なことばっかり気にしすぎるの!
肝心なことさえわかっていれば、いいんですよ」



今日、感銘を受けたのは、この言葉だった。

いやぁ、アバウトってスバラシイ!


この話を友だちにしたら、こんなことを言われた。

長嶋さんが現役を辞めたあと、あちこちの球団のキャンプを視察し、その折に、その球団の選手にバッティングの指導をした際、

「球が来たら、グッ、ダッ、バーン、と打つ!」

という説明を、誰も理解できなかったという伝説と、同じような類のものかと。(笑)
あのオッチャンと長嶋さんは、感性が似ているのかもしれない・・・^^

宣伝するわけじゃないけれど、もしも、この『田舎味』のだしが、お店や生協で売っていたら、試してみるといいかも。(*^O^*)
味のある御主人が作った、だしを是非アナタも!
料理の幅が広がりますわよ(σ ̄ω ̄)σ

バレンタイン・デーの思い出 ~ことぶき編~ 

ことぶきのバレンタイン秘話も聞きたいわ~、という熱いリクエスト (by 約1名) にお応えして、書いてみようと思いますわ(笑)。

付き合っているカレシにあげた、とか、上司にあげた、とか、そういうのじゃなくて、青春まっさかりドキドキ編、って感じの思い出といえば・・・

やっぱり中2~中3の頃、バレーボール部にいた、ひとつ年下のT君を思い出すなぁ・・・だれに似てる、っていうのはないけれど、タイプ的には、今でいう徳永英明サンみたいな感じのコだった。

完全に片思いなんだけれど、だからって「付き合いたい」なんて大それたことも思わなかったし、もう、遠くから見ているだけでシアワセだったんだよね~。(*^O^*)

私は体操部だったんだけれど、同じ体育館で、転がってきたボールを「はいっ!」と渡してあげて(*´・ω・`*)ドキドキ  。
渡り廊下ですれ違って、(*´・ω・`*)ドキドキ  。
授業中、窓際の席から体育でサッカーをしていたT君をずっと眺めていて(*´・ω・`*)ドキドキ  。
あ!今、ずり落ちた靴下をあげた!とかね(笑)。

まともにお話しをしたことさえなかった、そんな面識程度のT君に、バレンタイン・デーにチョコを渡すことを決意した。
確か手作りではなく、市販のチョコに、歯ブラシ&歯磨き粉を付けて、メッセージに

「虫歯にならないように、気をつけてね」
みたいなことを書いたような・・・(^^;

「好きです」なんて告白は、まだまだ子供だったので、できなかったわけ。

そして、当日の放課後、部活へ向かうT君を、友だち3人で待ち伏せした。
場所は、渡り廊下だ。
この渡り廊下、という響きに、ことぶきは 青春 を思いっきり感じるのだが。

キタ~~~~~~~~!今だっ!
タッタッタ・・・とT君に近づいて、一言だけ告げた。

ことぶき 「あのう・・・これどうぞ」

T君 「(恥ずかしそうに)あ・・・ありがとう!」

てなやりとりが ありまして・・・(^^;
恥ずかしかったので、すぐにその場を去った。
とにかく「好きな人にチョコを渡せた!」という気持ちで満足した。

その数ヵ月後、修学旅行へ行ったとき、T君にお土産を買ってきて、それも渡したのを覚えている。
そのときのシチュエーションは 下駄箱付近で。
くぅ~~~!これまた、青春の1ページだなぁ。(><)

こう考えると、やっぱりバレンタイン・デーは学生さんの間で盛り上がるものなんだよね。
みんな、素敵な青春の思い出を作ってほしいな。(^O^)

バレンタイン・デーの思い出 

ポカポカ陽気のなか、Rと公園で待ち合わせた。
こどもたちが、お砂場で遊んでいるのを、少し離れたところから見ながら、

ことぶき 「そういやぁ、今日はバレンタイン・デーだねぇ(* ̄ー ̄)」

R 「そうらしいねぇ。(* ̄m ̄)」

ことぶき 「じゃ、ここらで、バレンタイン・デーの思い出をひとつ、どうぞ!」

てな感じで、話をふってみたら!(@@)

R 「N村くんってコがいてさぁ~、ひとつ年下だったんだけれどぉ、いつもバスで会ってて、その日の朝、バスを降りたとき、“コレあげる♪”ってあげちゃった~(^O^)。もう~すんごっく、かわいいこでさぁ・・・まあ、今思えば、オバチャンみたいな感覚だったのかも(* ̄m ̄)」

当時、Rには、ずっと好きな人がいたはずだったのに、聞いたこともないエピソードを聞いてしまった!

ことぶき 「・・・誰、それ?(--;)知らないぞ、N村くんなんて・・・アナタ、M島くんのこと、好きじゃなかったっけ?(^^;」

R 「あははははは~~~。気が多かったんだねぇ(遠い目)」

ことぶき 「(;´Д`)」


なにはともあれ、バレンタイン・デーは学生さんたちで盛り上がってください、という意見におさまった。

やっぱり、バレンタイン・デーは青春の味、ってところかな。(* ̄ー ̄)


はまりそうなドラマ(^^; 

ある日のこと。


ともだちA 「ねぇねぇ、今何か、ドラマ見てる?」

ことぶき 「ううん。まったく(;´Д`)」

ともだちA 「私、『白夜行』見てるんだ♪」

ことぶき 「ふぅ~~~ん。それって面白いの?」

ともだちA 「うんうん♪( ^∀^)」



またべつの ある日のこと。


ともだちB 「今、何かドラマ見てますぅ?」

ことぶき 「いいえ。まったく見てないですぅ」

ともだちB 「『白夜行』が、すっごっく面白いんですよぉ」

ことぶき 「へぇ~。誰かもそんなことを言ってたなぁ・・・じゃあ、今度見てみようかな。でも、途中から見ても、どうせわからないだろうしなぁ・・・(´・ω・`)」

ともだちB 「あ!私、ビデオ録画してますよ!今までの全部持ってます。見ます?」

ことぶき 「マジで? *゚+.*.。(´∀`)゚+..。*貸して、貸して♪」

ともだちB 「はまりますよぉ~(* ̄ー ̄)ニヤリッ」


そんな経緯のもと、借りてきたビデオをゆうべ見た。
さすがに5週分全ては見終えてないが、寝たのが3時半ごろ。(^^;
おかげで、今日は一日中、眠くてしょうがなかったっす。

でも、確かに、はまりそうなドラマである。(* ̄m ̄)
内容に関しては省くけれど、見ているヒトがいたら、語り合いまショー!



話は変わるが、夜、軽く部屋の模様替えをした。(*^O^*)
リビングのカウチを動かしただけなのだが、居心地が良くなった気がした。
リフレッシュ、リフレッシュ♪




柿の種 

ミニことの好物のひとつが、柿の種 だ。

今日も、口を


「スィーーーーーーーハァーーーーーーーーーー(;´Д`)」



といわせながらも、ポリポリとポケットサイズの柿の種を、一人で完食。(--;

2歳のうちから、こんな辛いものを・・・(;´Д`)

もとはといえば、日本を発つ友だちに、「飛行機の中で食べてね!」と言って渡すために、柿の種をカバンの中に忍ばせておいたのがはじまり。
ところが、その友だちが、現れたのは2時間半後。Σ(;゚Д゚)
私も、ミニことも、よく辛抱強く待っていたと思う。(^^;

けれど、さすがにおなかをすかせてしまったミニことに、何かを与えておとなしくさせたかった。
そこにあったのが、柿の種
最初は、「どうせ辛いから、食べないだろうな」と思い、試しに与えただけなのに、


「うん。コレおいしいねぇ」と、予想を反して、うなづきながら食べたのが、2歳7ヶ月のこと。(^^;
それ以来、たまぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~に、あげている。



ちなみに、余談だけれど、ことぶきは独身時代、結婚相手の条件に


「柿ピー」の「ピー」なヒト を探していた(笑)。

どういうことかと言うと、柿ピーを食べていると、ことぶきはどうしてもピーナッツがあまってしまうのである。(><)
新潟名物の柿の種のように、最初からピーナッツが入ってないのもあるが、どうせなら、柿ピーを買ったときに、私が柿の種担当、将来の旦那様がピーナッツ担当、というのが理想だったのだ。
なんていうか、このコンビネーションで1つの商品、みたいな感じが良かった。
柿ピーのような、そんな夫婦になれたらいいな、なんてことも。(* ̄m ̄)

っていうか、ピーナッツがあまるから、それを処理してくれるヒトがいれば経済的でいいな、と思ってたのが本音(笑)



・・・というわけで、今から10年以上も前、「柿ピー試験」に合格 したのがスーさんだった。


試験は、本人に知らされることなく、さりげなく実施された。(* ̄ー ̄)ニヤリッ

ビールを飲みながら、つまみに 柿ピー を置いたのだ。
すると、私がどんどん柿の種を食べていくのに対し、やっこさんはピーナツばかり食べていくではないか! Σ(;゚Д゚)

そして、気持ちよく 柿ピー完食! .。*゚+.*.。(´∀`)゚+..。*゚+


「スーさん・・・オメデトウ!!」

なんのことだかサッパリ・・・という顔をしているので、説明したら


「やった~(/^o^)/ワァァァァィ♪!合格した~~!」

と素直に喜んでいた。(^^; 喜ぶなよ、そんなことで・・・(--;


ネタ と思われるかもしれないけれど、こんな単純な実験で、結婚相手を決めた、というのは、案外本当だったりする(笑)。(* ̄ー ̄)
ことぶきらしいっしょ?(^^;

「頭痛がイタイ・・・」 

太古の昔、こんなことを言っていたCMがありましたなァ。┐(´ー`)┌ フッ・・・

今朝ミニことに、くしゃみ、鼻水という風邪の初期を思わす諸症状が表れ、かかりつけの医者へ連れて行ったのに、臨時休業(?)だった。
月曜日の朝まで、悪くなってないといいが・・・(--;

そして、そんな私も、午後から調子がおかしくなった。
風邪?インフルエンザ?
なんていうか、ダルイというか、夕方には、頭が割れるほどズッキンズッキンと痛くなり、とにかく眠ることにした。

4時間ほど寝て、イチゴを食べてから薬を飲んで、今日から始まった「トリノオリンピック」を見ている。
少し、頭痛も落ち着いてきた。(^^;
なんとか、もちこたえそうだ。

それにしても、冬季オリンピック!
今日は、スキージャンプ、女子モーグルの予選、いきなり目玉が来ちゃってる感じだ。
どんな感動シーンが見られるか、楽しみである。^^

悲しい事件 

確か、昨日のニュースだったと思うけれど、長男(4歳)のほうが可愛くて、次男(3歳)が可愛くないから、という理由で、次男には水もごはんを与えず、餓死させてしまった事件があった。

母親と、おばあちゃんと、男の子兄弟の4人暮らし。父親は離婚でもしたのか?
おばあちゃんは一緒に居て、なんにもしなかったのか?
お兄ちゃんは、そんな母親を見て、どう思ってたのか?

詳しい事情は知らないけれど、自分のおなかを痛めて産んだ子供に、どうしてそんなことができるんだろう?と思う。

「しつけ」の一環で、多少の「お尻ぺんぺん」は仕方ないと思うし、叱ることも必須だ。

けれど、「長男の方がカワイイから」って、それって理由にならないでしょう?

確かに、二人以上の子供を持つ主婦仲間の会話を聞いていると、みんな、あけすけに「上の子がかわいい」とか「下の子がかわいい」と平気で言っているんだよね。
私は、その気持ちがわからないので、あまり聞きたくないのだけれどね(苦笑)。

でも、ことぶきの母親も、結構平気で、「お前が 一番 かわいいよ~!」 とか
「○○には、本当に頭にくるのよねッ!」 などと、私に言ってきたりする。(^^;  

*ことぶきは3人姉妹


まあ、たとえわが子でも、「好き」「嫌い」は人間だから、あるかもしれないし、確かに「ウマが合う」「合わない」もあるだろう。

それにしても、兄弟で差をつけたり、愛情を偏らせるのは、良くないことだと思う。

この次男くんが、天国では、どうか温かいぬくもりを感じることができますように・・・。



クチマネ 

私の口癖を真似たり、スーさんのクチマネをしたりするようになってきたミニこと。
そんな彼女も、今日で、2歳9ヶ月になった。

朝、牛乳をコップ一杯飲み干したあと、一言、こうつぶやいた。








「やれやれ・・・(;´Д`)」






少し、ため息混じりだったりするし。 Σ(;゚Д゚)

この言葉に、私が目を丸くして驚いていると、すかさず、こっちを見て




(* ̄ー ̄)ニヤリッ



と笑った。

まいった。(^^;
私のコピーじゃん。

言葉使いには気をつけないと、と思った朝でした。

おひなさま 

仲良しのRが、マンションを買い、3月末に引っ越すことが決まった。
それにあわせ、不要になったものを処分するのに忙しいらしい。
彼女は一人娘だったので、おばあちゃんに買ってもらったという立派なお雛様がある。
けれど、もう何十年と飾ることもなく、押入れの隅に追いやられている運命をたどっていたらしい。
そして、今回の引越しで、とうとう捨てることにする、というので、私が「もったいない!私が引き取るよ!」と言うと、喜んで譲ってくれた。

ということで、今日は、お雛様を受け取りに出かけた。
7段飾りのような、大袈裟なものでなく、小さいケースに入った、こじんまりとした感じが、ちょうど手ごろでよい。
お人形さんも可愛らしいお顔をしている。
お人形さんにも、喜んでもらえるといいなァ。

2月中旬の大安吉日に、飾ろうと思う。
そのときは、写真をアップしま~す♪

かなりキテル 

一日一善!

なんて言葉がありますが、最近の私は、一日最低一回はドジを踏む。


一日一踏!


まあ、ドジ なんて言葉で濁していいものかどうか、わからない程度のものもありますが(苦笑)・・・

こないだは、歩きながら、ふと足元に視線をやると、ペッタンコの靴を履いていることに気付いて、

「これじゃなァ~~い!6cmヒールのブーツを履く予定だったのにぃ~~!」

と、道端でジタバタ悔しがったばかり。


間違えたことに気付くまで15分かかったことになる。


また、毎朝コーヒーメーカーで落とすコーヒーも、今朝は、コーヒーそのもの を入れ忘れ、ただお湯がフィルターを通して落ちてきたのを見た時は、愕然とした・・・

「ダジャレを言って笑わすヒトは、ボケないらしいよ。ことちゃんは、大丈夫だね!(^O^)v」なんていうSちゃんの褒め言葉(?)を思い出した。
あれは一体なんだったんだろう・・・
どうも、私には、あてはまらないらしい。

アドレス変更のお願い 

携帯を新しいものに変更した場合、次にやってくるのが、「みんなに変更したことを知らせる」という手間。(;´Д`)

Tu-○aだったら、番号はそのままで、○uに変更できたのだが、全く違う会社にしたため、番号からアドレスまで変わったわけです、はい。

これが、面倒なんだろうな・・・とは覚悟していたけれど、案外、そうでもなかった。拍子抜けしちゃうほど簡単。
もっとも、自分の番号に執着してたら、そうもいかなかったんだろうけれどね。(^^;

それはそうと、ちょっと遅れた新年の挨拶のように、この時期に普段連絡を取らない誰かと、連絡を取る、というのも新鮮だった。特に、年賀状のやりとりもない、普段もあまりメールをしないヒトとかだと、ものすごく久しぶり。
会社辞めて学校に通っているとか、今温泉に来てるとか、引っ越したとか、みんな様々だった。
時々、アドレスを変更してみるのもイイかも。なんちってね。(σ ̄ω ̄)σ

新年会で、思い出話。 

・・・こんな時期にかぃっ!(;´Д`)
もう立春も終わったあとに「新年会」とは、これまたいかに。
でも、これは去年の12月から決めていたスケジュール。(^^;

んま、新年会と言っても、姉の家に行き、毎年恒例みんなで鍋をつつく、というヤツである。
あたしはドライバーだったので飲めなかったが、みんな気持ちよく酔っていた。 ま、もともと飲めるほうじゃないからいいんだけれど、悔しいから帰宅してから飲んでやった(笑)。

1ヶ月遅れのお年玉をもらった高校生の姪も、「臨時収入的感覚」で大喜び。(σ ̄ω ̄)σ  なるほど。時間差でもらえるほうが、確かにオイシイかもね(笑)。

「また大きくなったね!」「お話しが上手にできるようになってきたね!」と、みんなからの注目を浴びているなか、ひとりマイペースで、いつもの 「オリジナルおつうじソング」 を歌い( ^∀^)ゲラゲラ 笑っているミニこと。

私がまだ赤ちゃんの頃、すでに小学生だった姉達とその友だち何人かで、隣町まで乳母車をひいて探検しに行ったエピソードは、毎回語られるけれど、今回も話題に(笑)。
今じゃ、考えられない話だけれど、まだ車やトラックの量も今ほど多くなかったし、子供達はいつも外で遊んでいた。
姉たちが私のお守りをしてくれたんだろうけれど、布オムツの時代に、赤ちゃんをだった私を乳母車に乗せて、数時間歩き回ったそうだ。(^^;

乳母車(うばしゃ)探検隊

なるものを結成し、おそらく5~6人の小学生が隣町の駄菓子屋さんまで出かけた、というエピソード。
もちろん私は覚えてないし、写真にだって残っていない。
けれど、この話をするたびに、姉二人は大笑いをするところをみると、よっぽど楽しい思い出だったんだろうな、と思う。

変な話だが、ことぶきが幼少時代は、姉二人と遊んだ記憶は、あまりない。
年が離れすぎていたから、一緒には遊ばなかったのだ。
なので、考えてみれば、この「うばしゃ探検隊」の思い出は、「三人姉妹」として遊んだ、とびっきりインパクトのある思い出なのかもしれない。(* ̄ー ̄)

なめらかプリンでハッピータイム 

初めて口にしたとき、やばいくらい感動した。
その感動をアナタに!ってな感じで、今日、パス○ルのプリンをお土産にお宅訪問。^^

その人も、一口するなり、「これはヤバイ!」 と大絶賛。(^O^)

フッフッフ・・・でしょう?(* ̄ー ̄)ニヤリッ
プリンのおかげで、「ことぶき株」もあがったか?(笑)
お土産に喜んでもらえるというのは、なんとも嬉しいものですな。(^_^)

今まで、いろんなプリンを食べてきたけれど、これは間違いなくハマル味です。
ちなみに私は、「ハマリ歴」かれこれ4年。(* ̄m ̄)


pastel1.jpg



pastel2.jpg


再会ランチ 

ことぶきのご近所さんは、所謂「転勤族」。
送り出すほうが圧倒的に多いのだが、今日は里帰りしているLちゃんを囲んで、プチランチをすることができた。(^O^)
引越し先での新しい暮らしぶりを聞いたり、こっちの近況を伝えたり、約1年ぶりの再会に、会話も弾んだ。

特にLちゃんは、ミニことをとっても可愛がってくれたおねーさん。ちなみに、女優の小西まなみに似ているなぁと、いつも思うのだが・・・。(* ̄m ̄)
ミニことが私のおなかの中に居た時から知ってるし、生まれたてのホヤホヤの頃、買い物の帰りに、駅前でバイトをしていたLちゃんのバイト先に顔を出して、ちっこいミニことを抱っこしてもらった思い出もある。

そんなこんなで、和食を食べた後、うちに呼んでお茶をした。
また今度いつ会えるかは、わからないけれど、こういう機会は大切にしたいものだ。

新しい携帯(^O^) 

やった~(/^o^)/ワァァァァィ♪ついに買ったわよぉっ!
新しい携帯(* ̄m ̄)

パンパカパーン! どうです?この洗練されたデザイン・・・

phs1.jpg



・・・じゃなかった、PHSか。(^^;

まあ、細かいことは抜きにして、、、(σ ̄ω ̄)σ

ウィ○コムというPHSの会社。
ある人の強いススメで、今携帯を変更するのなら、PHSがあえてお得、ということで、コレに決めた。
確かに、2900円で話し放題、メールし放題、っていうのは、他にはないプラン。 ただし、相手もPHSを持ってないと、通話は無料にはならない。

まあ、もともと「話せりゃええやん」のツー○ーしか使ったことのない人間なので、ド○モ以外なら、ドコデモいいかな、と。(笑) だって高いんだもん

ちなみに、コレのビターオレンヂをチョイス。

http://www.willcom-inc.com/ja/lineup/wx/310k/index.html

いやぁ、色も、はっきり言ってどれでもよかった。
っていうか、どれも良かったから。(^-^)
「ピンクにします!」って言っておきながら、「やっぱりオレンヂを・・・(^^;」と替えてもらった。

まだ、設定の段階で、説明書も読み終わってないの。
なので、変更メールを送るのも、まだ先になりそうだ・・・(笑)
今週末に、頑張るか。(;´Д`)

それにつけても、21世紀だなぁと、つくづく感じる。
新しいオモチャを初めて手にする子供のように、私も、今、ものすごく目をキラキラ輝かせて、喜んでいる。(^O^)

嬉しいな♪嬉しいな♪



phs2.jpg

喪服 

「そろそろ、喪服を買わないとな・・・」
そんなことを思いながら、カタログを眺めていた翌日、親戚の叔父さんが亡くなったのが先月のこと。
まあ、単なる偶然だけれど、やはり、毎回「間に合わせ」の黒い洋服じゃあねぇ・・・(^^;

というわけで、結局、叔父のお葬式には間に合わなかったけれど、2週間ほど前に頼んだ喪服が、今日届いた。

半そでワンピースに、長袖ジャケットのセット。
まあ、シンプルでよろしいかと。
デパートの 吊るし と同じくらい、お手ごろ価格。

でも、これを最初に着る日が、そんなにすぐに来て欲しくないな・・・なんとも複雑な気持ちになるだろうし。
ましてや、身内や友人だったらどうしよう?!
ま、それだけは避けたいものだ。(^^;

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 ことぶき色の味 ~ことぶき&ミニことのHP~ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。