スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、一番欲しい物 

松嶋菜々子がCMでもやってるよねぇ・・・
大人のゲーム。
「アナタの脳年齢、いくつですか?」でおなじみのアレだ。(* ̄m ̄)
ゲーム機本体が15000円ほどで、ソフトが3000円くらいだっけ?
2月に携帯電話を新しくする予定のある私としては、まだ手が出ない。(^^;

こないだ、電車の中で、必死にやっている女のヒト(30~35歳位とみた!)を見て、ますます欲しくなった次第です。 
果たして脳年齢が何歳だったのか、覗き見はできなかったけれど・・・(* ̄m ̄)

こないだも、スーパーで買い物していて、「あ!鶏肉を買わないと!」と思いながら、途中のお菓子のコーナーで足を止めてしまったばかりに、すっかり 鶏肉のことなど忘れちまったわけで。
これじゃ、5歳児の「初めてのお遣い」レベルじゃん(;´Д`)

さすがに、会話の中に

「じゃあ、コレでアレしてくれる?」

は、まだ出てこないけれど、時間の問題である。(苦笑)
スポンサーサイト

体育会系?! 

元気に挨拶ができる子供は、見ていて気持ちがいい。(^-^)
それに、「挨拶=基本」だと思っているので、しつけていく上でも、結構ポイントが高い。

ミニことは、人見知りをすることもあるが、ちょっと元気のないときや、おなかがすいているとき、あるいは眠いときなど、通りすがりのヒトなどに愛想を振りまくことはあまりない。ま、そりゃそーだ。(^^;
飴をもらって「ありがとう」を言うときがあったり、なかったり、お辞儀だけだったり。(^^;

けれど、最近、調子のイイときは、

「ありがとうございまっす!」

「おねがいしまっす!」

「すいません!」


と、はっきり言えるようになった。なかなか、たいしたものだ。(^-^)できれば、もっと聞いていたい言葉だったりする。

夕飯の「ネギトロ丼」を作ってさしあげようかと用意していたら、ミニことが近づいて言ってきた。

「あのぅ・・・」  (←この、「あのぅ・・・」と2歳児が言うのも、十分笑えるのだが・・・(^^;)






「あのぅ・・・納豆ごはんが食べたいんですっ!」


この一言には、笑えたなぁ。
内容は「夕飯のメニューのダメだし」なのだが、それをやんわりと丁寧に断りつつ、自己主張をする、みたいな。(^O^)

三崎沖で捕れたマグロのネギトロよりも、納豆の方が、彼女には魅力的なわけね。フフフ。なんて経済的なコなんでしょ。(笑)

ベビーグッズのお届け~♪ 

小・中学校の同級生で、社会人になってからもずっと仲良くしている、ナースのFちゃんが、おととし結婚した。
そのFちゃんも、2月に♂を出産予定。
だいぶ、ベビーグッズはそろえたとは言え、まだ足りないものがたくさんあるらしい。
ということで、倉庫にしまってあった、もう使うことのない(?)ベビーベッド、歩行器、室内ブランコなどの「大物」と、産着やケープ、帽子、ちょっとした洋服などの「小物」を取り出して、車の後ろになんとか納め、お昼頃届けに出かけた。

すいていれば車で20分という近い距離に住んでいながら、新居に遊びに行かせてもらったのは初めてだった。
庭には御主人のお手製ウッドデッキがジャ~ンと構え、犬がお出迎え。
Fちゃんと会うのは、結婚お披露目会以来!
臨月の割には、おなかが小さかった。いいなぁ、軽そうで。
ってか、ことぶきの臨月のおなかが、あまりにも大きすぎたのかもね(^^;

産んですぐの2ヶ月で子供を保育園に預けて、すぐに働く、という話には、ビックリしたなぁ。
私には、考えられない・・・かなりキツイと思われ。 そんな体力ないよ・・・(^^;
なにはともあれ、逆子が直らず、今週帝王切開で取り出す予定だったのに、急に逆子が直ったことによって、自然分娩(立会い出産だそうだ)に変更。
ご本人は、そのことにかなり不服。(* ̄m ̄)

「せっかく、そのつもり(帝王切開)で準備してたのに・・・それに、痛みにも耐えなきゃなんないじゃん・・・」

(ノ; ̄◇ ̄)ノ えーと、Fちゃんって、ナースだよねぇ?
そういうのって、慣れているんじゃないの?

案外、患者さんには「大丈夫、大丈夫!」なんて言っているナースほど、自分のときはダメなものなんだろうか(* ̄ー ̄)
はい、り○るさん、コメントよろしく!(σ ̄ω ̄)σ

その割には「ちょっとくらい、いいんだよっ!」と言いながら、ビールを少し飲み、ミネストローネスープにはタバスコを4滴ほど垂らして食べていたFちゃんに、何か、悟りのようなもの を感じた。(^^;

さらに、♂ということには、夫婦そろって不服っぽい。(^^;
御主人のミニことを見る目が、

やっぱり女の子はいいなぁ~(*´・ω・`*)

という、優しさで満ち溢れていたもんなぁ・・・

あいかわらず、「♪おつぅじ、おつぅじ、おつぅじ、チャンチャン♪( ^∀^) 」と自作シモネタソングで一人笑っているというのに・・・(^^;
そんな姿でさえ、可愛く映るものなのか?(;´Д`)

なにはともあれ、出産報告が楽しみである。^^

動物園 

去年の春以来、久しぶりに動物園へ出かけた。
小さい子どもがいるわりには、動物園や遊園地へ行く頻度は、あまり高くないことに、ふと気付いたりして。(^^;
温泉に行く頻度がダントツ高い、っていうのが、まさに、ことぶき家って感じ。(^^;

まだディズニーランドへも連れて行ったことないし。
ま、これは、お金がかかる所だし、できるだけあとでもいいかな、と。(* ̄m ̄)
つーか、ことぶき自身、昔TDLに行き過ぎて、すっかり熱が冷めてしまった、というのが正直な感想だったりする。(><)
今は、5年に1度のペースで行ければ、ちょうどよろしいかと(笑)。
あ、でも、割引券が手に入るようだったら、声かけてね~! (σ ̄ω ̄)σ 。

前置きはこれくらいにして、やってきました多摩動物園!
風が冷たかったので、やっぱり行くのを止めようか、途中で悩んだりもしたけれど、行って正解。それほど、悪くなかった。

では、写真で紹介しましょ。^^


<モルモットふれあいコーナーにて> 1年前はひざにモルモットを乗せたまま固まっていたのに、エサを与えられる余裕が出てきました。
うわっ!話は違うけれど、ミニことの靴が、ものすごく巨大に見えるけれど、彼女は、身長の割には、手足が大きいのです。(^^;将来、背が伸びるということなのかな。
zoo5.jpg



<昆虫館の蝶々> この写真、思わず図鑑の写真に使えるんじゃないの?と思えるほど、良く撮れました(^-^)
ちなみにドームのような温室に、おびただしい数の蝶々が飛んでいて、ことぶき的には「なんてユートピアなの~!」とうっとりしていたけれど、ミニことは頭を両手で押さえて「こわ~い、こわ~い!きも~い!」と対照的でした。 絶対に、私とは違う血液型だろうな(* ̄ー ̄)
zoo1.jpg



<ライオンバスの中から> この日は24頭のライオンが放されてました。バスの中から、しっかりライオンの表情をキャッチ!
zoo2.jpg


zoo6.jpg



<ペリカン> ちょうどエサをもらっている時間に遭遇し、観察していたら、魚を一匹丸呑みし、喉を通り抜けていくところを見ました。
すごいなぁ。あれで、ちゃんと消化できるのだろうか、ちと不安になりました。(^^;
zoo3.jpg



<キリン> こちらもエサをあげている時間に遭遇。^^
長い首をわざわざクロスさせて(十字に重ねて)食べているのが印象的でした。
zoo4.jpg



他にも、この動物園にはオランウータンが空中で散歩する、という前代未聞の場所ができたけれど、冬季はお休みらしいです。(><)
さらに、コアラも見たけれど、日中は眠り、夜に活動する動物なので、どのコアラも眠っていて、カメラ目線どころではなかったっす。(^^;
またの機会に行こうかな。(^O^)

送別会 

なんだか、送別会が続いている。(^^;
たまたま引越しをする主婦仲間が、同じ時期に重なっただけなんだけれどね。(^^;

4人で、和食系ファミレスで食事をしながら、いろんな話で盛り上がった。その点は、女だなぁと思う。(^^;
気付いたら、周りの席のお客さん、誰もいなかったし(笑)。
何時間、居座ったんだろう。

でも、子供抜きで女同士だけで話す時間も、たまにはいいものだわね。(^-^)

仲の良かった人たちが、どんどん引っ越していくのは辛いものがあるが、これも運命さ♪
一期一会。
そのとき、そのときを楽しいもの(思い出)にして、たとえこの先、一生逢うことがなくなったとしても、その人の心のどこかに、記憶として残っていければ(もちろん、悪い印象ではなくネ(^^;)いいな、とだけ願う。

迷子未遂  (^^; 

よくデパートなどの館内放送で、迷子のお知らせを聞くたびに、

「親は、いったい何をやってんだろう?(;´Д`)」なんて冷ややかに思っていた。

決して、子供から目を離してはいけない。
乳幼児に関わる悲惨な事件が多い世の中だからこそ、余計に気をつけないといけない、と日頃から肝に銘じている。


でもね・・・
「生ミニこと」に会ったことのあるヒトならわかると思うけれど・・・
ハンパじゃなく、よく走るんだよね。(^^;
おそらく、背中に見えないネジが付いているんだと思うけれど(笑)、1歳の頃から走るのが大好きで、追いかけるのに必死。(ーー;

追いかけると逃げる、、、まるで 男女の恋の駆け引き のような体験ができますよ、みたいな。(^^;

そんな彼女を今日、モールで 見失った・・
広いフードコートで、最初は柱の周りをすごい勢いで走っていたのだが、そのうち飽きたのか、行動範囲を広げて走り出した。
戻ってくるように言っても、聞く耳を持たない。(><)
目は、ミニことを追っているのだが、人混みのなかにまぎれて・・・

そして消えた・・・Σ(;゚Д゚)

すぐに戻ってくるだろう、なんていう考えは、最初の1分で打ち砕かれた。
平静を装いながらも、心の中では心臓がバクバク。

どうしよう、どうしよう (;_;)

パチンコ屋で両親がパチンコに夢中になっている間に、少女が男に連れて行かれ殺された事件・・・
長崎のデパートで、少年に声をかけられて屋上から突き落とされた園児殺人事件・・・

いずれも、もともとといえば、親が子供の目を離さなければ、起きなかったかもしれない悲しい事件だ。
親は、自分を一生責めて生きていくことになるんだろうな・・・

フードコートの中を2周歩いて探し、向かいのオモチャ屋さんにも顔を出し、さて、仕方ない、館内放送を頼むかな。。。と思い始めた。
こういうときは、パニクっても、逆効果。
冷静沈着を保つためにも、とりあえずベンチに座ってみた。

そして、あたりを見渡してみる。
ああ、やっぱり見当たらない・・・_| ̄|○


と、そのとき!
やっぱり 走りながら 涙を浮かべている我が娘を発見!
彼女もきっと、パニックになっていたんだろうけれど、所謂

「ママ、ママ~!」

というような、誰が見ても“この子は迷子だ”、っていうことがわかるような狼狽は見せず、無言で走っていた!(^^; 

「ミニこと!どこへ行ってたの?」と声をかけて両手を広げた。
私の胸に、飛び込んできた彼女。
何も言わず、震えていたところを見ると、かなり怖かったのでは?

「怖かったの?」
「こわかった・・・」
「もう、一人でさっさとどこかへ行っちゃダメよ (←自分のことは棚に上げて、ここぞとばかり叱る母)
「ご・・・めんな・・・さい・・・」

見失ってから、再会するまで、時間にしたら 5分ほどだった。
でもこの5分が、私にとっても、ミニことにとっても、非常に良い薬になった。
見つかって、本当にラッキーだと思う。
私も、もっと気をつけないといけない、って思うようになったし、彼女も少し怖い思いをしたおかげで、これからは一人でどこかへ行ってしまわない・・・ことを祈る!(^^;

共通の話題でもりあがるとき ~作家編~ 

学生時代から、好きな作家がいる。
世間的にも有名ではあるけれど、所謂 一般ウケしない 、マニアックな作家だったりすると、あまり自分からは話題にしないのだが、何かのキッカケで、誰かと盛り上がると、ものすごっく嬉しくなる。

実は、イギリスの作家、オスカー・ワイルドは、ことぶきが夢中になった作家である。
作品もそうであるが、彼の人間的な面に、ものすごく興味を持った。
ワイルドについて卒論も書いたほど。

何気なくそんな話を隣りに住んでいるTちゃんに話したら、なんと彼女もワイルドが大好きだとのこと。
今まで、ワイルドを好きだ、と言った人には、2人くらいしか会ったことがないので、かなり興奮!

さらに村上春樹の話題になったときも、お互い鼻息を荒くし、ツバを飛ばしながら、語り合った。
もうすぐ引っ越してしまう彼女に『ノルウェーの森』をプレゼントしようかな。^^

お隣さん同士になって、そろそろ3年になるというのに、今ごろ知るとは!
お互い「なんだぁ、もっと早く言ってくださいよぉ~~!」と言いながら悔しがった。(笑)

だって、彼女、来週には引っ越すんだもの・・・(;_;)

『ノンタンといっしょ』のビデオ 

これは、借りてきたビデオの話。

ノンタンと仲間達が、どうくつの中に入ると、中から女の人の声だけが聞こえてきた。
姿は見えない。

「あなた達はいい人なの?」と聞かれて、その女の人のために、ノンタンたちが歌ったり踊ったりして、自分たちは「いい人」ということをアピール。
最後になって、「ところで、あなたは誰なんですか?」と声の主にたずねると、

「私はオバケよ~~~」
と言って出てきて、みんなが驚く、というオチ。(^^;

これが、2歳児のミニことには、たまらなく怖いらしい。

今まで、ずっとノンタンのビデオをおとなしく見ていたのに、そのストーリーが始まると、部屋から出て行くので、様子がおかしいと思っていた。
なるほど。
オバケの話だったのか・・・(><)

「こんなの、じぇ~んじぇん怖くないよ ┐(´ー`)┌ フッ・・・」と言いながら、消さずに見ている母。

「いやだぁ、消して、消してぇっ!」と大泣きしながら反発する娘。

これで、ひとつ、ミニことの弱みを握ったわ。(* ̄ー ̄)
我ながら、なんちゅう親だと思うが、これは、彼女が言うことを聞かないときに、十分使えます。(σ ̄ω ̄)σ


「言うこと聞かないと、ノンタンのビデオつけるからね。いいの?」


ん?
これって、脅迫???(^^;



逮捕 

ライブドアの元社長、堀江氏が捕まっちゃったね~。
今日は、そのことが世の中をあっと言わせたんじゃないかな・・・

だいたい 「人の心はお金で買える  by ホリエモン」 という考え方が気に入らないな。

いや、その考え方を100%否定はしないけれど、それが全てだとは思わない。
いや、思いたくない。

どんなにお金持ってても、どんなにビンボーでも、大地震が起きたり、宇宙から隕石が飛んできたら、一瞬でなくなるんだよね。
自然には逆らえないんだから。
人間なんて、所詮、そんな程度なんだよな・・・


ライブドアの株を持っている人たちには、イタイ話だったね。
ご愁傷様です、としか言いようがないが。
今後、どんな影響があるのか、気になるところだ。

今年に入って・・・ 

スーさんが調子いい。
もちろん、例のアレ。(σ ̄ω ̄)σ  競馬よ、競馬。
車が買えるほど、ドデカイものをとったわけではないけれど、そこそこ財布があったかくなる程度、稼いできている。(^O^)

今日も、お昼を過ぎた頃に電話がかかってきて、

「ちょっと調子がいいから、遅くなる(* ̄ー ̄)」

「マジ?マジ?Σ(;゚Д゚)」

もしかして、この人、仕事を変えたほうがいいんじゃないか?
な~んて、ここで調子にのっちゃうと、ダメになるんだよね。うんうん。
まあ、ボチボチ楽しめればハッピー、ということで。

みそ作り講習会 

いまや、ほとんどのものを家庭で手作りしなくなった時代。
手間が省けた分、時間の節約ができて、便利な世の中になったのだ。
お味噌だって、お店で買うものだと思っていたが、その昔は、どの家庭でも作っていたのだ。
ほら、「手前味噌ですが」って、よく自慢するときに使う言葉があるじゃない?

今日は、生協主催の「手作りみその講習会」に参加した。
2年前から参加したいと思っていたイベントに、やっと参加できたことで、かなりテンションもハイ。(^O^)
ご近所さんを誘っていくつもりが、彼女は風邪でダウン。
一人で雪の降る中、出かけた。
東京地方に降る、今年初めての雪だった。(^ー^)

料理教室ができる環境のコミュニティセンターで、部屋の中に入ると、大豆がグラグラ煮えていた。
米麹(こめこうじ)と塩がまぶされたものが、パットの中に入っている。柔らかくなった大豆を潰したものを、その中に加えて、大豆の煮汁を少しずつ加減を見ながら、手で混ぜるのだ。
そうして、しっかり寝かせて1年後に、食べられるという寸法。

すでに大豆は鍋にかかっていたので、私達参加者がやったことは、潰すところからの工程。
3人グループで交替でやったけれど、ケッコウ面白かった。
こうやって味噌はできていくのかぁ・・・と興味津々。
それと、大豆の美味しいこと、美味しいこと!
普段、大豆を煮て食べたことはないので、意外だった。
素材がこれだけ美味しければ、きっと出来上がるお味噌も美味しいだろうな。うふ。(* ̄m ̄)期待が膨らみますわ。

ちなみに、青森県の津軽から、わざわざ味噌の作り方を教えてくれた主催者。
津軽なまりを聞いたとき、バイクで津軽を旅したときのことを思い出した。
津軽弁も鹿児島弁と変わらないくらい、難解だったな。(^^;

参加者全員が、1kgずつお土産をもらい、あとは家庭で「熟成」させる。
来年の今ごろ、「手前味噌」を楽しめるといいな♪



「ヨー○卵光キャンペーン」の落とし穴!? Σ(;゚Д゚) 

高級とされている、この玉子。
一つずつ殻に付いている、あの 「光」 と書かれたシール!
きっと何かあるんだろうなぁとぼんやり思いつつ、一応捨てずに、ペタペタと冷蔵庫の端っこに貼って、シールを集めていた。

ひぃ、ふぅ、みぃ・・・全部で19個かぁ。
もっと、買っていたはずなんだけれど、19なんて中途半端な数だから、実は集めていたようで、捨てていたわけね・・・(^^;
1パック6個だから、たったの3箱分?!

けれど、自分では、かなりたまってきたなぁ、という感じ。
この調子で、もうちょっとがんばれば、DVDレコードプレイヤー相当のものが、当たっちゃうかもよん。
どうしましょ、どうしましょ。(* ̄m ̄)。

・・・ところが

応募台紙を見て、愕然 とした・・・




光シール 180枚から必ずもらえる


え?ひゃくはちじゅうま・・・い・・・?

ざっと計算してみる。

180-19=161(つまりあと、最低でも161枚貼らないとダメ)

161÷6=26.83333・・・(つまりあと、最低27パックの玉子を購入することが必要)

27×315=8452 (つまりあと、最低8452円費やすことが必須条件)



しかも・・・
最低条件の180枚集めてもらえる商品とは、「ヨー○卵光6個(=315円相当)」・・・



めまいがした。

気を取り直して、応募期限を確認してみた。



2006年3月31日・・・って、あと2ヶ月じゃん(;´Д`)


約残り70日間で、161個の玉子を食することを想像した。
((( ;゚Д゚)))・……ガクガクブルブル  

うちが、オムレツ屋さんだったら、間違いなくクリアーする問題だったのになぁ・・・残念!

_| ̄|○



ちなみに、このキャンペーン、2003年4月1日からやってるそうな。
つまり、まる3年間 という息の長いキャンペーンだったことを初めて知った。
3年という時間の中でだったら、おそらく最低コースの「180枚」もたまっただろうに。

ふぅ・・・すっかり出遅れたZE! ┐(´ー`)┌
今度は、がんばっちゃおうかしらん。(* ̄ー ̄)

「話せりゃええやん」 

昼間、フツウに携帯で通話していたら、相手の声が 突然、プッツリと 聞こえなくなってしまった・・・Σ(;゚Д゚)

あたしの電話なのか、相手の電話なのか・・・ん~む・・・

それから、確認するために、もう一度かけ直した。
やっぱりダメ。聞こえない・・・ (;´Д`)

次に、別の人に電話してみた。
やっぱりダメ。聞こえない・・・ Σ(;゚Д゚)

ってことは、あたしの電話かぃ。_| ̄|○  

ショップへ行って調べてもらったところ、自分の声が相手に届くが、相手の声が、自分に届かないことが判明。
あーあー(><)
通話不能、ってことか。

とはいえ、ことぶきの携帯電話の通話使用頻度は、かなり低い。
話す相手もいないし。(;_;)
メールとショートメッセージと、乗り換えの時刻表を調べるときに使うネットのみ、という程度。
っていうか、他に、使い方知らないかも。( ´,_ゝ`)プッ

2月1日で、5年近く使っていたツー○ーをいよいよ解約する予定。(^^;
次のことを考えて、あと2週間弱、修理に出さないで我慢することにした。(^^; 

だって、修理費1000円出して、すぐに解約するの、もったいないでしょ?(* ̄ー ̄)せこい?(^^;



それと、今日、傑作だったことがあった!

実家でお寿司をとって、みんなで夕飯を食べることになったのだが、お寿司屋さんが出前を届けに来てくれた時、ミニことが

「オカエリ~~~!」

と声をかけたのには、笑った。( ^∀^)

おりがみ 

おりがみ といえば、昔よく折ったものだが、ここ数十年、折るとしたら つる と相場が決まっていた。

願いを込めて、千羽鶴を折るお手伝いをしたこともある。
外国へ行った際、外国人の目の前で、パッパッパ、、、シュワッチ!と、つるを折った日にゃ、

「オーマイガーッッ!!!」
などと、感嘆符を付けて、天才を崇めるような眼差しで見られたこともあった。
とりあえず、つるさえ折れれば身をたすく、みたいな風潮があるのだ。(σ ̄ω ̄)σ

                  いや、ないと思う(^^;

そろそろ、おりがみ遊びを見せると興味を持つ年頃かな、と思い、たまたま手に入れたおりがみを取り出し、つるを折ってみた。
それから、こないだ図書館で借りた「おりがみの本」をあんちょこ(←死語?)にして、「はこ」「おひなさま」「おだいりさま」「オルガン」「ねこ」「いぬ」「チューリップ(葉っぱ付き)」などを作ってみた。

もちろん、ミニことは、大喜び(^O^)。
実は1ヶ月ほど前、見よう見真似で「うさぎ」を折ったときに、

「これ、うさぎじゃないよ~(;´Д`)」

と、ミニことにダメ出し Σ(;゚Д゚) をされていたので、密かにリベンジをしようと試みていたのだ。(* ̄ー ̄)v フッフッフ・・・

見事、リベンジ大成功! .。*゚+.*.。(´∀`)゚+..。*゚+

というわけで、しばらくのあいだ、ことぶき、おりがみの達人 になれるように、修行を積もうと思いまっす!
どんなリクエストにも応えられる、「マジシャンのようなおりがみ達人」目指すぞ~!

こういっちゃ何だけれど、おりがみって、ケッコウ奥が深いのよ~!(σ ̄ω ̄)σ
様々な折り方を開発した人たちの努力や苦労、そしてアイディアには、頭が下がりますわ、ホントに。


初めてのお葬式 

いやぁ~、今日は久しぶりに「疲れた~!(;´Д`)」という言葉が口から出てきた。
普段疲れていても、疲れた、とは口にしない方なのだが、2歳児を連れて、お葬式に参列した、という異例の経験は、私にとって「疲れた」と言わせるには十分の出来事だった。
あ、もちろん、一人になったときに、つぶやいたんだけどね。(^^;

まず、行きの電車に目の前で乗れなかった。
これに乗らないと、12時から始まる告別式に絶対に間に合わない。Σ(;゚Д゚)
けれど、エレベーターもエスカレーターもないような駅を、片手でミニことの手を引き、片手でバギーを持って階段を登ることは困難である。
電車に乗れない、とわかった瞬間、もう引き返して、駅の前のタクシーに乗り込むことにした。

「運転手さんっ、あの電車に乗れなかったんで、隣りの駅まで飛ばしてくださいっ! (頼んだよ、アンタの運転技術に、すべてを任せたからね!)

かなり、切羽詰っていた。
実は、この電車、時間調整のために、隣りの駅で10~13分ほど停車するのだ。隣り駅まで車で飛ばせば5分ほど。道が混んでなければ、なんとか間に合う寸法だ。
一か八か、賭けてみた。

余計な出費をしてしまったが、なんとか間に合い、さっき乗れなかった電車に、やっと乗れた。(^^;
こんな時に限って、ミニことは愚図って泣いていたが、なんとかなった。
途中から待ち合わせた父と合流。3人で横浜へ。
電車の中では、おとなしくしていてくれたことが救い。(^^;

しかし、最近の斎場って、すごい!
田舎のお葬式は、たいてい自宅でやるものなので、ここ数年前に行ったお葬式のそれとは違う。
なんていうか、ゴージャス。
そういえば、従妹の結婚式もゴージャスだったなぁ・・・ 金持ってるなぁ(σ ̄ω ̄)σ
ここって、お値段高そうだなぁ・・・(^^;
なんてなことを、ついつい考えてしまうほどだった(苦笑)。

平日、ということで、なかなか集まりにくいものだけれど、主な親戚やいとこたちは仕事を休んで、鹿児島や福岡から出席。
こういうとき、遠いと大変だな、とつくづく思う。

1時間もある告別式の間、私はミニことが騒がないことだけをヒヤヒヤしながら見ていた。
私の膝の上に座っていた時間→最初の5分。
姉も見てくれたが、じっとしていられるわけがない。(;´Д`)
あまり厳しく叱ると、もっと騒ぐのはわかっていたので、多少は大目に見ていたが、お経の響くなか、「なんかおなかいっぱぁ~い(おなかすいた、の意味)」と愚図り出されても困るので、時々退席していた。
この時点で、かなりの緊張と気遣いで疲れてしまった。(><)

叔父との、本当のお別れの時がきた。
棺の中に眠るように横たわっていた叔父は、無数ものお花の中に埋もれていた。
整然大好きだった巨人軍に関わるグッズも、一緒に入れてあった。
こうして、死に顔を見ると、本当に本当に、もうこれでお別れなんだな、と思う。
まだ幼い孫たちが、「おじいちゃ~~~ん!」と顔をなでながら号泣する姿は、周りの涙をそそった。
おそらく、孫たちをたくさん可愛がったんだろうな。

マイクロバスで火葬場へ行き、お焼香を済ませ、1時間ほどの休憩。
少しずつ、リラックスしたムードが漂い始めた。 

それにしても、焼却炉の前で大きな声で言った、ミニことの一言。


「ねぇ、オバケ出る?」


には、ヒヤリとしたわ。(--;
彼女には、遺体も見せたし、骨になった叔父さんの姿も見せた。
2歳とはいえ、「死ぬ」ということはなんなのか、わかっているのだろうか?

火葬場から斎場へ再び戻り、「精進落とし」の料理をいただいた。
こう言ってしまうとなんだが、どの料理もとっても美味しかったのが印象的だった。

料理も美味しいし、雰囲気も落ち着いているし、私もここで式をあげようかしら♪って、ブライダルじゃないんだから・・・(;´Д`)

(´・ω・)でもね、本当に、いいお式でしたよ。

その後、ほとんどの親戚やいとこたちは家に帰ったが、数人は叔母さんの家へ。
今度から、ここに一人で住む叔母さん・・・
幸い、息子も娘も(つまり、私のいとこ)車ですぐの所に住んでいるので、安心ではあるけれど、思い出のつまった家に一人で住むって、やっぱりサミシイだろうな、と思う。

帰宅したら、もう夜の11時近くだった。
途中2時間半ほど、電池が切れたように、疲れて眠りこけたミニことではあったが、朝から晩まで気を使いながら、走り回る彼女を追いかけては、ヒヤヒヤドキドキの連続で、疲れは倍!
バタンキューの1日だった。

お通夜 

身内に不幸があったのは、最近では6年前だった。
そのときも、ことぶきの母の妹の旦那さん。
ガンだった。

今回「肺気腫」で亡くなったのは、もう一人の妹の旦那さん。
二人とも、ことぶきにとっては、血のつながりはないけれど、ずっとずっと昔から知っている叔父さんである。

遺影を見ながら、叔父さんのことを考えてみた。
大の巨人ファンで、巨人が負けると、本気で機嫌が悪かった。
タバコも大好きだった。(病気になっても、時々吸ってたらしい(^^;)
いつもダンディな格好をしていたのは、カナダで生まれ、6歳ごろまであちらで生活をしていたからかしら?叔父さんの家に泊まりに行くと、「おやすみ!」と言わず、「グンナイ!」って言ってたのを思い出す。

そして、一番の想い出は、小学校にあがる前のある日の日曜日、ピカピカのランドセルをお祝いに届けにきてくれたことだ。
今でも、はっきり覚えている。
ランドセルを背負って、「見て~!見て~!」と叔父さんに喜びを伝えた、ことぶき幼少の砌 みぎり のおもひで。

長年連れ添った叔母さん・・・これから、ふとしたときに、家が広く感じるんだろうな・・・
介護、お疲れ様でした。
仲の良いいとこも、最後のほうは、疲れていた。ことぶきの一つ年下だというのに、6、7年前から髪の毛が真っ白になっていたのも、このせいなんだろうか・・・

いろんな思いが頭の中を巡る。
お通夜に来る弔問客を見ては、自分のお通夜には、誰が来てくれるだろうか、なんてことまで。

「いたりあ小僧」のボンゴレ! 

今日、食べたボンゴレは、サイッコーのものだった。
場所は一橋大学そばの、路地裏にある、昔からあるパスタ専門店。
店構えは、ことぶきの愛する昭和的たたずまい。
実際、1970年代のままかと思われ・・・(^^;
「ガロ」を思い浮かべてくださいm(_ _)m

あとで、写真を撮ればよかった!と後悔したが、今日はあいにくデジカメを持たずに外出。(^^;
サラダ、ボンゴレ、コーヒーのセットを頼んだのだが、ワカメサラダだけでも、かなりのボリューム。
フツウ、サービスサラダって、小鉢くらいの大きさなのに、ここのサラダは小鉢の3倍はあるぞ(;´Д`)
さらに、ボンゴレのあさりが、たまらなく美味だった!
こんなに柔らかくて、ぷりぷりと身がひきしまっていて、感触が「カキ」のようなあさりを食べたのは初めてだった!

思わず、「どこのあさりですか?ものすご~~~く美味しかったです!!!」と、鼻息を荒くして、シェフに直接聞いたワタシ。
「よくわからないけれど、豊橋あたりです」とのこと。
嬉しそうだった。^^

うん、大袈裟でなく、生まれて初めての美味しさだぞ!^^
コレは、かなりの衝撃だ。
コレは、近いうちに・・・



I'll beeeeeeeeee back!!(* ̄ー ̄)v 

シモネタ爆発 

ほとんど育児書は読まないのだが、ちらりと見た本に、3歳ごろになると、シモネタで喜ぶ時期がある、と書いてあった。(^^;

何が面白いのか、なんでも会話にシモネタ語を付けて、一人で( ^∀^)ゲラゲラ 笑っているのである。

2歳8ヶ月。
ちょっと早い気がするが、確かに、そういう時期なのかもね・・・(--;

「おつうじぃ♪( ^∀^)ゲラゲラ 」
「バープ(ゲップ)( ^∀^)ゲラゲラ 」


今日も、一日中、そんなことばかり言っては、一人でシアワセそうに笑っていた彼女。
ある意味、羨ましくもある。(^^;

けれど、電車の中や、レストランの中でこれをやられると、困っちゃうんだよねぇ・・・(--;

訃報 

ゆうべ、ミニことの咳がひどくて、私までよく眠れなかったので、朝がキツかったっす。(^^;

そんななか、一本の訃報が届いた。

横浜のおじさんが亡くなった、とのこと。
ことぶきの母の妹の旦那さん。
享年73歳。

晩年(もう10年以上)は、ずっと入退院を繰り返し、酸素ボンベを持ち歩いていた。
「肺気腫」という病気だった。
家族は、看護で大変そうだった。
危ない、危ない、と言われながら、結構長生きしたと思う。

ご冥福をお祈りします。

アナタ、受け止められますか? 

月曜日は37.5度の熱を出し、火曜日からは熱は下がったけれど、ここんところ鼻水がずっと出ていたミニことだったが、今日はさらに咳が加わった。
鼻がつまって、咳をするもんだから、非常に苦しいわけだ。

こんな体調の悪い時に、スーさんは寝る前に、ミニことにチョコレートミルクを飲ませていたことが嘔吐物によって判明。

ったく・・・

しかも、横になって、咳で苦しくて吐いてしまった様子。(^^;
ベッドの上だったりする。(ノ; ̄◇ ̄)ノ
幸い、大きなバスタオルを敷いていたので、洗濯すれば大丈夫!(^^;

気を取り直して、片付けているのに、こういうときの父親って、情けないほど何もしてくれないものだ。

ひととおり片付けが終わり、シーツもタオルも新しいものに変えたところで、横になったミニことが、またゴホゴホと咳をしだした。
苦しそうだ。
本当につらそう。

これ、ヤバイんちゃう?(^^;

咄嗟の判断で、ミニことの口に自分の手をあてた。


・・・・・・・・・・・・・Σ(;゚Д゚)



ご想像におまかせしますが(笑)、ことぶき、受け止めました!

ナイスキャッチです!

布団、シーツ、パジャマ、セーフです!

こんな状況のなか、ティッシュ一枚も取ってくれないスーさんには、言葉がなかったね。

ったく!Useless め!
おっと、言っちゃったよ。(σ ̄ω ̄)σ

でも、ここで、母親と父親の歴然とした違いを感じた。
自分で言うのもなんだけれど、こうやって母親になっていくのかなぁ、としみじみ思った。^^

母は強し!(* ̄ー ̄)ニヤリッ

今年初 万馬券換金! 

去年は、有馬記念を万馬券ゲットで締めくくり、今年は金杯で、またもや万馬券 (σ`・ω・´)σゲッツ 絶好調のスタートを切り出したスーさん。
今日は、当たり馬券を換金。
いやぁ、この換金する瞬間だけは、なんとも言えない喜びがあるねぇ~。
自分で当てたお金じゃないのに。(* ̄m ̄)
けれど、分け前は、しっかりいただいて・・・と。(* ̄ー ̄)ニヤリッ

とまぁ、あいかわらず、ヤクザな夫婦ですわ(笑)。

それと、修理に出していたプリンターをピックアップした。
どこも交換した様子がないので、何が問題だったのか原因を聞いてみると、ヘッド部分がほこりで汚れていただけだと!Σ(;゚Д゚)
インクのカートリッジを外して、その部分を自分で拭いてみたらよかった、ってわけね・・・(;´Д`)マジかYO!

ああ、こんなものに修理代3150円も払ってしまった自分が情けない・・・
年賀状もプリンター使用できなかったしね(><)
今度から、気をつけないと!

ファミレスの兄ちゃん 

育児をしていると、それなりにストレスが出てくる。
何かをやっていても、必ずジャマされたり、次から次へと用事が増える。これが、育児というものなのだけれど、どうしても、集中して仕上げないといけないことだってある。

そこで、時々、車で10分ほどいったところにあるファミレスのデニー○へ、一人でお茶を飲みに出かけることがある。
お代わり自由のコーヒーで、2時間ほど過ごすわけだ。

通い出して、そろそろ1年あまりの月日が流れた。
べつに、目当てのママがいるバーに通うどっかの部長さん、というわけではないのだが、気付いたら、そこのイケメンウェイターと顔見知りになっていた。(笑)

イケメン?
イケメンってなんだ?とふと思う。
イケてる=カッコイイ メン=Man=男 ってことなんだろうけれど、自分の好みのタイプと世間一般で言う「イケメン」とは必ずしも同じではない、ってことだよね。
ちなみに、そのお兄ちゃんは、世間一般でいう(誰が見てもおそらくカッコイイ、と言うだろう)イケメンという部類ということで。(^^;

顔見知りと言っても、私が行けば、お互い会釈をし、一言二言、会話をする程度。
目配せして、ラーメンのチャーシューを2~3枚多めに乗せてくれるわけではない。(σ ̄ω ̄)σ
んまぁ、常連客に対する社交辞令、ってとこか!(^^;

一度、見事にお財布を忘れて、車の中にも小銭を一銭も持たず、子供銀行のお金も持ち合わせなくて、事情を話して、家までお金を取りに帰ったことがある。(^^;
お兄さんは、「あ、いいですよ!明日でも」と爽やかに笑ってくれた。
「御代はいいですよ」とは言わなかったが(爆)。(←当たり前だっちゅーの)
そんなわけで、なかなか好青年なのである。
年でいうと、27~30歳、ってところか?

当時から サザエさんのような私 (* ̄m ̄)

そんな苦い思い出もあるデニー○で、「りんごのキャラメルミルフィーユパルフェ」を頼んだところ、思いがけずに美味しくて、思わず微笑んでしまった!
久しぶりのヒット!

それにしても、隣りのヤングねーちゃんたちの会話が・・・(^^;
本人たちも声を小さくしようとしていたものの、筒抜けだっちゅうの。

「高校の帰り、コンビニで制服から私服に着替えて、彼氏のバイクで○○のラブホ行ったことある~♪」とか、「○○の彼氏って1分だって。超はやくね?ってか、そんな話聞かされたら引くよねぇ?」などなど。(^^;


さてと。そろそろ帰るか、、、
レジでお金を払っていたら、私が帰ろうとするのを見つけて、わざわざ厨房の奥から、そのイケメンウェイターが出てきて言った。

「実は明日で、ここ、終わりなんです」

ここで8年働いていたらしく、今度は、某大手会社に転職することが決まったらしい。

「全く違う畑で働くことになるけれど、頑張ってください」と激励することぶき。
さらに、
「(ノ; ̄◇ ̄)ノ エエエエェェェェェ- もう、ここに来る楽しみがなくなっちゃうなぁ~」と、ついオヤジのような発言をしてしまったのは失言だったか?(苦笑)

けれど、なんとなく、こんなところでふれあえた時間が、居心地良かった。
もう、会うこともないだろうけれど、わざわざ私に知らせたことを嬉しく思った。

さようなら!お元気で!(^O^)/~

『東京タワー』 

やっと読み終えた(^^;


恋はするものじゃない

落ちるものだ



なるほど。
英語だって、 Fall in Love♪  っていうくらいだもんね

私も落ちるか。(* ̄ー ̄)ニヤリッ

「ママ、気をつけてね」 

とうとう、こんな言葉をかけてくれるような娘さんに、成長してくれたか!
母は嬉しいぞよ(σ ̄ω ̄)σ

それは、台所で高い棚の上から、モノを取ろうと、踏み台に乗って手を伸ばした瞬間、下から心配そうな顔をして、私に声をかけてくれたミニことの声だった。



「ママ、ちゅちけてね」

「気をつけてね」という言葉は、まだ言いづらいようだが、私には、何を言ったのかちゃんとわかった。(^O^)

初めて寝返りを打ったとか、初めて哺乳瓶を自分で持ってミルクを飲んでくれたとか、初めてあんよした、とか、初めて文字が読めるようになったとか、いろんな「初めて」の成長を見てきたけれど、人間が人間に対して、優しい言葉をかける、ということを学んでいく成長を見たのは、今日が初めてだった。

アッパレ!(^O^)
その調子で、優しくて思いやりのある女性に成長してください。


キテます・・・ 

4階建ての大型専門店へ一人で出かけた。
3階は駐車場がいっぱいだったので、4階に車を停めて、3時間ほど買い物&お茶して過ごしたあと、車に乗ろうと駐車場へ行くと、あるはずの車がない!

嘘でしょぉ~~~~!(;_;)

結構広い駐車場を端から端まで探し歩いた。
いや、絶対、ここに置いたはずなんだって!
エスカレーター出入口付近の、ほら、ほら、あのぅ・・・・

そんなことを考えても、車は見つからなかった。_| ̄|○ 

「とうとう 痴呆 が キタ」と、悟った瞬間だった。

でも、嘆いていても埒が明かないので、「まさか」と思って、自分の居たフロアを確認したら・・・





3階にいた自分・・・ 

停めたのは4階だったのか・・・(←それにも気付かなかった、というか忘れていた)


ええ、ええ、ありましたわよ。(;´Д`)
4階のエスカレーター出入り口付近にね。(* ̄m ̄)

車とやっと出会えたとき、飼い主を従順に待つ犬のように見えた。(*´・ω・`*)


それと、今日はもうひとつ!

2005年の9月17日のブログを参照してもらえばわかるけれど、テレビを買ったついでに、スピーカーとDVDプレイヤーも新しくそろえたわけね。
けれど、スーさんが「つなげ方がわからない」という理由で、ず~~~っと放置。
ったく・・・いつもながらありえない。

DVD見たいのに・・・
映画館並みの迫力のイイ音で、大好きな映画を見たらサイッコーなのに・・・
買わなきゃよかった・・・
イライラは、募っていくばかり。
口喧嘩のときには必ず、このことを持ち出して、非難。 当然です。

そうして、とうとう新しい年を越し、本日に至る・・・
って、買い物から帰ってきたら、いきなり、優雅にDVD鑑賞をしているオヤジ。
なに?つながったわけぇ?!

説明書をもう一度よく読んで、つなげてみたら、映るようになっただと。Σ(;゚Д゚)




4ヶ月前に、よく説明書を読んでほしかった・・・(;´Д`)



なにはともあれ、これでようやく、フツウにDVDが見れるようになったわけで。
苦節4ヶ月。
あいかわらずですな。(--;

大学正門 

大学を卒業してから、一度も母校を訪ねていない。
用事がないといえばないから、訪ねることもないけれど、それでも、大学祭へ行くとか、恩師を訪ねるとか、そういうことがあっても良かったかな、とも。(^^;

今日、卒業してから初めて、変わり果ててしまった駅付近から、正門の前を車で通った。
うわぁ~~~。信じられないほどの歳月が経っているぜよ!
サークル仲間でよく飲みに行った、「養老の○」はなくなってたけれど、たまにお茶した喫茶店は、まだ交差点の角の二階にあった。
でっかいマンションは建ってるし、新しい校舎もできてるし、いやはや・・・
変わっちゃったなぁ・・・(^^;

でも、ここで4年間過ごしたんだよね。
あのときの仲間、みんなどうしちゃってるかなぁ・・・
年賀状だけのやりとりのヒトもいるけれど、久しく会ってない。
今年は連絡とってみようかな、なんて思ったりした。

ああ、昭和の浅草よ! 

午前中は青山の「こどもの城」で遊んで、午後は浅草まで足を伸ばした。
浅草寺で参拝をし、あとは、ミニことが寝てくれるのをひたすら待っていた。走らせて疲れさせて・・・そしたら・・・ムフフフ。(* ̄m ̄)
神谷バーで飲んじゃうもんね。(σ ̄ω ̄)σ

「神谷バー」といえば、昭和を愛することぶきには、たまらない匂いのするバーである。
その理由は・・・

☆客層を見れば、一目瞭然。 20代は、まずいない。ほとんどが50~70代のおじさん&おばさん。それもハイカラな。

☆店内の雰囲気を見れば、一目瞭然。 店の造りが、古い。誰に案内されることなく、自分で席を見つけ、自分で食券を購入するシステムがいまだに導入されているので、初めて行くヒトは注意が必要だ。ここは、大衆食堂か?。そして追加注文は、ウェイターかウェイトレスに、直接お金を渡し、その場で精算。お気に入りのウェイトレスに、「お釣りはいいから」とドサクサまぎれに手を握りながら「心づけ」を渡す、どこかのシャチョーサンの姿も、よく見られるかと思う。

☆ウェイター、ウェイトレスを見れば、一目瞭然。 これまた、レトロな「昭和の給仕」という感じのユニフォーム。(^^;。ちなみに、働いている人間も、おじさん、おばさんばかり。20代もいるけれど、ワケアリっぽいヒトが多いように見えるのは気のせいか???

☆「デンキブラン」という、このお店の看板商品のネーミングからして、なんでも「電気」をつけることが「ハイカラ」だった時代が、そのまま残っている、そんな、風情のあるバーなのだ。

少なくても40年前から、ここだけ時間が止まっている錯覚に陥るのである。 とかいって、40年前のことは知らないけれど。(--;

浅草までわざわざ来たのも、ここで飲むためだったりして。(笑)


しかし、そんな親の気持ちなど、知ってか知らずか、走っても走っても疲れてくれないんだよね。むぅう~~~ん・・・(( ( ( ̄  ̄メ) ) ))
人間、おなかがすいているときって、いらだつもので、実は、朝からろくに食べず、お昼もなんとなく時間をずらしたせいか、食べてない・・・(ミニことは食べさせたんだけれどね)(--;

早く寝てくれよぉ~~~!たのむ。(;´Д`)

結局、ぜいたくにも「今半」で、すき焼きを4時ごろ食べ(遅いランチ、早いディナー)、少し落ち着いたところで、やっと寝てくれたのをいいことに、神谷バーへと場所を移した。(* ̄m ̄)
至福の時間を過ごせたのは、言うまでもない。(^O^)

人間ウォッチングが面白かった。
傍目から見たら、私とスーさんの関係も、かなり珍しいモノとして映っているんだろうけれど。(^^;

てなわけで、今日も寒いなか、 アクティブ に動きました♪

横浜歩いた、歩いた 

港横浜。
親戚やいとこが住んでいるので、子供の頃から横浜は、馴染みの存在。
けれど、ここ数年は、すっかりご無沙汰。

今日は、ミニことを連れて初めて横浜の港エリアへ出かけた。
新しく開通した「みなとみらい線」を利用すると、渋谷から30分かからないのね・・・かなり便利&近くなった。
今日も、たくさん写真を撮るわよ~~~~!とはりきってデジカメのシャッターを押したら、あーた!
なんと、チャージャーに電池を突っ込んだまま、カメラには入れずに部屋に置いてきちゃったことが判明。

ガビーン!
久しぶりに凹んだね。
ってか、これ、新年早々、一発目のアレかもしれない。(ーー;

健忘症????(;´Д`)

ま、「人生、あきらめが肝心」&「切り替えが大切」 という座右の銘を思い出すことにして、使い捨てカメラを久しぶりに購入。(^^;

馬車道通りから赤レンガ倉庫、ワールドポーターズ、山下公園では大道芸人を見て、中華街へ。
これ、全部、寒いなか歩いて移動。

中華街で少し早めの夕食をとったあと、ここからさらに地下鉄を使わないで、みなとみらいまで歩いて引き返した。
土地勘のあるヒトじゃなくても、地図を見てもらえればわかると思うけれど、駅4つ分は歩いたことになる。(^^;
ま、大したことじゃないけれど いい運動には なったかな。

昔の横浜を知っているからなのか、自分の思い出と重ねているだけなのか・・・
昔の横浜は、もっともっと、悲しくてサミシイ雰囲気があった。
それでいて、とってもすがすがしくて、どこか落ち着くような、そんな魅力に憧れていた。

学校サボって、一人で山下公園のベンチに座って、海を眺めていたこともあった。
初ダブルデートの思い出もある。
ちょっとオトナになってからは、元町へ行き、一人でカウンターに座ってカクテルを飲んだこともあった。

今は、乳母車に子どもを乗せて、この街を歩いているんだから。
時代は流れているね。
もう、気付いたら2006年か。
変わっていって、当たり前だな。

日テレ営業中。 

今日は、汐留にあるNTVの社屋を訪ねた。
おととしの夏にも来たので2度目。
特に何をした、ってわけでもないんだけれど、『ズームイン朝』を時々見ている私としては、マイスタジオの中がどうなっているのか気になっていたので、見学ツアーに参加。
マスコットのズーミン(中にヒトが入ってます)が歩いているのを見て喜んだり(ミニことと同じレベル)、広場で獅子舞とおはやしのパフォーマンスを見ていたら、最後に獅子がミニことの近くまで来て、お顔をガプリ。(まねだけれど)
怖がって泣いちゃいました(><)。
まあ、よくある正月の風景だなぁ、と思いながら、ナニゲに楽しみましたわ。(^-^)


ちなみに、この「蝋人形」一体、約80万円だそうです。 (●・∀・)/Ω~へぇ~
でもって、ことぶきが二人のあいだに立った写真もあるのですが、見たいヒトは言ってください。(笑)


20060110182147.jpg



これが、ズーミン(^O^)

zoomin.jpg





こんな神社まで作っちゃって・・・(^^;
とかいいつつ、しっかり、おみくじを引いたワタシ。ちなみに 「吉」^^

20060110182618.jpg



初夢&初売り 

実は、昨日のブログを書いたあと、謎の腹痛に悩まされ、早々とベッドへ。 (;´0`)エ~ン
昼間は、「ヨッパの気持ちよさ」&「まったり系の正月気分」で、むしろ寝正月を楽しんでいたのだが、どっか痛いところがあって、本当に寝正月になるとは、なんともカナシイ幕開けではないか!

いやぁ・・・健康って素晴らしいですね。
身体にどこも痛いところがない、ってことが、いかにシアワセなのかを実感した元旦でした・・・(涙

謎の腹痛とはいえ、医者へ行くほどではなかったので、とにかく正露○飲んで睡眠をとったんだけれど、そのときに見た夢ってのが、多分、初夢になるのだろう・・・(初夢って、2日の夜に見る夢をさす、って子供のころ教わったけれど、元旦でも2日でもアリなんだね)

で、お腹がキリキリ痛む状態で、苦しみながら寝たときに見た夢だったせいか、

一、富士 二、鷹 三、茄子 どころか、 懸賞生活をしていたタレントのなすび でさえ出て来てくれなかった・・・(;_;)

っていうか、今までの人生で、初夢に限らず、フツウにこの3つが出てきた夢なんて見たことないんですけれど・・・(--;

で、どんな夢を見たかというと、どこかへ急いで行かないといけないのに、全く逆の方向へ行ってしまったり、一所懸命走っているのに、ちっとも前に進んでいない、という例のアレだ。
夢って必ずこういう現象が起きるんだよねぇ・・・(^^;
それに、これって、今年のことぶきの運勢を暗示しているかのようで、あんまり嬉しくない夢である。
困ったもんだ。
まあ、警告として受け止めておくか。


そして、初売り!
以前は福袋なんて興味なかったのだが、おととしあたりから自分に福袋を買うようになった。
山ほど洋服はあるっちゅうのに、なんでまた買うんだろう・・・(^^;
でも、6万円相当のものが入っている1万円の福袋は、やっぱり魅力的。
ケッコウ、かわいいのが入っていて、お得なんだよねぇ。
この2年で、当たり外れがない福袋を買って満足しているし・・・

どんな躊躇も、「まいっか、お正月だから」 という一言で、全部OKにしてしまうのが、財布のヒモが緩む原因。(ちなみに、ことぶきの財布にはヒモは付いていませんが)

結局、狙っていたお店の福袋をひとつ買ってしまったわ。
本当は、二袋買いたいところだったのをグッとこらえて。(笑)

ミニことにも、ミッフィーの雑貨詰め合わせ福袋を買ってあげた。これも、お買い得なものばかりだった。ラッキ~♪
福袋って、「こんなもん、要らない!」って思うものも入っているんだけれど、今回も満足満足。(^-^)

けれど、おなかが痛いまま、正月も二日を過ごしました・・・(><)

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 ことぶき色の味 ~ことぶき&ミニことのHP~ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。