スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴシップ 

先日、テレビを見ていたら、石田純一がニコニコしながらパワースポットを案内してくれていた。

石田純一といえば、新婚さんだ。

ついつい、ミニことに

「この人、最近、3回目の結婚をしたんだよ!(* ̄ー ̄)ニヤリッ」

と、別にどーでもいい情報を流した。


すると、彼女の反応は


「・・・ということは、バツ2か!(* ̄m ̄)」


だった。


え?!今なんて?Σ(;゚Д゚)


使い方、めちゃくちゃあってるし、計算も正解。
妙に感心した。

テレビの影響なのか、私の影響なのか、世俗的な言葉を使うようになったミニことに、ちょっとだけ成長を感じた。
(え?こんなことで???)


話は違うけれど、昨日、彼女は私に向かって

「ママって、オヤジギャグの王様 だよね!( ^∀^)ゲラゲラ 」

と、言って褒めてくれた。(^-^)



喜んでいいんだよね?(違
スポンサーサイト

マルコさん 記念日 

本日より、○乳 から ○子 へ変わりました!
ミニこと・・・
アナタも大きくなったのね・・・

そう、保険証のことです。
コレって、すごいよなぁ。
赤ちゃんの頃から6年間、○乳にて医療費を無料でやってもらったけれど、今住んでいるところは、中学3年生が終わるまで無料!
本当に助かります。

いくらでも病気になっても、かまわないのよ!(* ̄m ̄)

なーんて気になってしまうくらい(いや、実際は困るし大変だが)、太っ腹である。
なにはともあれ、命綱がある、ということで、ありがたい制度。

と同時に、今日から、通学のバス定期を購入。
学童なので、オトナの半額以下だけれど、一丁前に交通費がとられるようになるのね・・・(--;

2010年4月1日。
今日は ミニことにとっては、就学児となった記念日でした。(^-^)
来月、7歳になります。

自分に返ってきます。 

昨日の朝のことだけれど・・・


朝、ちょっと寒いと思ったので、隣りの部屋のエアコン(ヒーター)のスイッチを押すように、ミニことに頼んだ。

「めんどうくさいなぁ」みたいな感じで、しぶしぶと、ミニことが隣りの部屋へ。


数分してから、私が


「ねえ、スイッチ押してくれたの?」と、少しだけ強い言い方で聞いてしまったら、



その2倍くらい、強い言い方で





「自分で確認すれば?」



と、言われてしまった・・・Σ(;゚Д゚)
しかも、落ち着いた口調で。


(||゚Д゚)ヒィィィ-------------------!!!!!  


ごめん、ごめん。


でも、そのしゃべり口調、どこかで聞いたことあるなぁ・・・(´・ω・`)




はい、私ですな。(^^;


やっぱり、自分の口癖や、口調を、娘は毎日聞いているわけだから、そのまま鏡になってしまうのね。


ちょっと反省。(´・ω・`)ショボーン 

ミニことの思う愛子様 

最近、報道されていたね、愛子様の不登校について。



6歳のミニことが、まず興味を示したのは、愛子様の存在。

プリンセスは、おとぎ話だけかと思っていただけに、この日本にも実在することを知って、驚いていた。

そして、

「もし、この子がいなくなったら、私がプリンセスになりたい!」


と、無茶なことを言って私を困らせた。(--;


そして、次に不登校について。

私が、かいつまんで事情を話したら、ひとことサラリ。


「そんな・・・わざわざ、そんなことをニュースで言うなんてねぇ・・・周りが さわぐからいけないんだよ!」


と、過熱気味報道に、バサリと斬っていた・・・

アンタは将来、アッコか?!





とまあ、こんな感じで成長しています。(σ ̄ω ̄)σ

血圧を測る女 

お正月に買った福袋の中に、電子血圧計 が入っていた。
私は今のところ血圧に問題がないので、あまり使うことはないのだが、ミニことは、なぜか大喜び。
彼女のオモチャになってしまい、今は、血圧を測るのが日課となっている・・・(^^;
しかも、添付されていた 血圧管理手帳には、血圧値(108/79)、脈拍(70)などと書き、「あさやんなかった」←「朝は測らなかった」などとメモまで残している。

先日のこと。
言うことを聞かなかったミニことを叱ると、彼女はワーーーーーン!と泣いて隣りの部屋へ。
しばらくして、静かになったので気になり、チラリと覗いて見たら





ひっそりと、血圧を測っていた!Σ(;゚Д゚)






興奮し、血圧が上がった、と思ったのか、それとも私に対するイヤミなのか?

まあ、自分の健康は、自分でコントロール(管理)できるオトナになって欲しいので、これもアリだな、と。


それにしても、6歳児が、血圧を気にして血圧計を測る姿って、ウケる!( ^∀^)ゲラゲラ

恐怖漫画ブーム 

最近ではないけれど、けっこう前から、漫画を描くようになった。
CIMG6427.jpg

それも、恐怖シリーズの4コマ漫画風。
CIMG6428.jpg

将来、漫画家かしら・・・(* ̄m ̄)

帰ってきた・・・ 

母が亡くなってからも、父は鹿児島と東京を行き来する生活を楽しんでいるように思われる。
当初は、完全に東京に戻ってくるようなことを言っていたけれど、鹿児島では鹿児島での生活も定着していて、なかなかそう簡単には動けないらしい。
その証拠に、お正月は、東京ではなく鹿児島だったし。
まあ、近くに親戚もいるので、安心といえば安心なのだが。

今日は、数日前から上京している父を訪ねに実家へ。
流し台まわりの掃除をしていることぶき。
楳図かずお先生の 恐怖漫画 を読んでいるミニことに

「なにを読んでいるの?うわっ!おっか~い(おっかない)」
と、心底驚いた様子な父。

さらに

 「おら~は しんじまっただ~♪」

と、 1960年代のヒット曲 『帰ってきたヨッパライ』 を歌いだしたミニことに


「ず、ずいぶん古い歌を知ってるなぁΣ(;゚Д゚)」
と、これまた驚き、半分呆れた様子な父。


おそらく、孫の成長した姿を、肌で感じ取った瞬間であったことでしょう・・・
誰の仕込みかしらね?(* ̄ー ̄)ニヤリッ

祝☆はじめてのおつかい(^0^) 

いやあ、またまたご無沙汰しちゃったねぇ・・・
メンゴメンゴ。
あれから、めまぐるしく季節は2回くらいめぐったような感覚・・・

まあ前置きはいいけれど、今日は、とうとうミニことが、ことぶきのために買い物をしてきてくれた記念日となりましたので報告をば。
そう、所謂

はじめてのおつかい記念日!


自分が子供だったころを考えると、6歳6ヶ月なんて、とっくに親のおつかいをしてたし、近所の駄菓子屋で、買い食いもしていたわけで。(^^;
ところがミニことときたら、前々から、おつかいを頼んでも、お留守番を頼んでも、どっちもイヤ!という感じで拒否。
まあ、昔と違って、このご時勢。仕方ないこともある。
とはいえ、多少心配ではあるけれど、家の目の前に24時間オープンのコンビにがあって、そこへ行って来ることくらいはできるだろう、と。

大橋の○みちゃんのCMを見ていたことぶきが

「あ~あ~、なんだか突然、ポテトチップのコンソメ味が食べたくなっちゃったなぁ・・・
やーねー、CMの影響ってすごいよねぇ。まんまとハマったわ。┐(´ー`)┌ フッ・・・ヤレヤレ

ねえ、買ってきてくれない?(σ ̄ω ̄)σ

「はっ?!本気で言ってるの?Σ(;゚Д゚)」

「もちろん!(^-^)ね、お願い!そしたら、ミニことだって、食べられるんだよ。ホレ、食べたいでしょう?」

「やだよ、やだぁ!」

「何言ってんのォ。すぐそこじゃん!エレベーターを降りて、道路を渡るとき、自転車と車に気をつけるんだよ。
はい、一応、200円渡しておくね!(* ̄ー ̄)(←無理やり、手に握らせた)
ガンバレ!はじめてのおつかいだよ! 
よっ!ニッポンイチ!(σ ̄ω ̄)σ

明るいノリで、しつこくお願い。

「や~だ~よォ~」

泣き出した。
よっぽどイヤなのか?

ここで諦めても良かったけれど、諦めないのがことぶき。(^^;

このおつかいができれば、もうオネエサン。
大きくなったねえ、と成長をほめてあげたい。(建て前)


このおつかいができれば、これからどんどん おつかいが頼める(かもよ?)。
まさに、使える(* ̄ー ̄)ニヤリッ(本音)


5分ほどの押し問答が続いたあと、ほっぺたの涙のあとをふいてから、やっと彼女に行ってくれる気力が生まれたようだ。
ジャケットを着せて、見送った。
その後ろ姿に、カチッ、カチッ!と火打ち石で見送りたい衝動にかられた。

店へ入るミニことをバルコニーの上からじっと見守っていた。
そう、道路をはさんで目の前のお店なので、自宅バルコニーからその姿を確認できるのだ。(^^;

ちゃんと頼んだものを探せるかな・・・
レジに行くとき、緊張してるんだろうな・・・
おつり、落とさないで帰ってこれるかな・・・

あ、余談だけれど、ここ2~3ヶ月ほどで、エレベーターには一人で乗れるようになった。
なので、朝のゴミだしは やってくれるようになったのよ。(* ̄m ̄)
なので、おつかいも、時間の問題かな、と。
はい、余談終わり!

家を出て、エレベーターで降りて、お店に行って、買い物。
再びエレベーターに乗って、家に戻って・・・

その間、5分ほどだったと思う。

玄関でカメラ(記念だからね)を持って待ち構えていたことぶきに、さっきの泣き顔からは想像できないほど、ニコニコした顔で戻ってきた。
私のことが 林家ペーにでも見えたのだろうか?
手にはポテトチップ、コンソメ味、レシート、おつりの107円を持ってる。

「お店の人が、100円1個でいいよ、って」

おおお、93円だったのか。

「できたじゃ~ん!やればできるじゃ~ん!(σ ̄ω ̄)σ 」

「うん、買えたよ(^^)v」

「じゃあもう、これで、これからも買い物行けるね?」(←意味深)

「うん、もう行けるよ!(^0^)」

「(* ̄ー ̄)ニヤリッ」

若いころ 

朝、ミニことが、写真を手にしながらこう言った。


「ママ、若いころ、かわいかったんだね( ^∀^)」

「(`・ω・´)ゞぉぅょ 。(* ̄ー ̄)ニヤリッ」

写真は、高校時代の友達、Mの結婚式にて。
当時、全員22歳の仲良し5人組が、白無垢のMを囲んで嬉しそうに映っている。
赤いパーティードレスを着て、髪の毛はクルクルのロングソバージュだった私。
とってもバブリ~な時代背景が、見え隠れ。(* ̄ー ̄)

でも、ちょっと、聞き捨てならない一言が。

「ん?今、『若いころ』ってアナタ、言った???(-。-)」

「うん(-。-)」 (←それが何か?とでも言いたげ)

今は? (* ̄m ̄)(*´・ω・`*)ドキドキ  」






「フツウ! ( ^∀^)ゲラゲラ 」



「・・・(--;)」 (←子供は正直だから仕方ない、とあきらめムード)



年齢に負けないように、輝くことを決意したことぶきでした。

Hep A (A型肝炎) 

今日も、朝から忙しい。
ミニことの就学準備の書類集めに、走りまわった。
病院へ行き、予防接種の記録をもらいに出かけたら、いきなり8枚もの大量の紙が出てきて、めちゃくちゃになってプリントアウトされた。
複数の患者の記録が、ごっちゃまぜになっていた。

ありえん。(--#

しかし、こういっちゃなんだが、もう驚かない。
ミニことが生まれた時間に、10分の誤差があっても、記録を訂正してくれなかったような病院だ。
理由は、面倒だったようだ。

腹が立つ。
本当に、いいかげんな世界だ。

いったん自宅に戻り、自分の持っている予防接種の記録を探しだした。
幼稚園から帰ってきたミニことを一緒に連れて、再び病院へ。
ナースが、コンピューターでめちゃくちゃになった部分を削除し、ようやくまともな予防接種の記録をもらえることになった。

はぁ・・・っ、ったくもう。

ついでに、通常、アメリカの子供が就学前にしなくてはいけない予防接種を聞くと、

Hepatitis A

といわれたので、ついでに受けさせた。
予防接種は、すべてアメリカ方式なので、日本の予防接種は受けたことがない。
あいかわらず、太ももにブスッ!と刺されても泣かないミニこと。
赤ちゃんの頃から、注射で泣いたことが1度もない、ってすごいな。
半年後に、もう一度受けます。


skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 ことぶき色の味 ~ことぶき&ミニことのHP~ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。